« 「カラフル」 玉電 | Main

August 31, 2010

「瞳の奥の秘密」 熱い国から来た映画  

☆☆ 好き好きだとは思いますが、この主人公の顔、ちょっと暑苦しくないですか。ひげもじゃのラテン系の顔って、クソ暑い夏に見る顔じゃないよなあ、と思ったのは、ぼくだけ?そんな邪心に満ちた気持ちで観たものだから、映画の中で毎日駅に行く男が登場すると、“お前は忠犬ハチ公か”と毒づいたり、“女性の胸元を見ただけで犯人だってわかるなら男はみんな犯人だよな”といきまいたり、ついついチャチャを入れたくなってしまいました。でも、そんなよこしまな考えに囚われず、真面目な態度で接すれば、殺人の被害者女性とその夫、その殺人事件を担当した裁判所の男と女の二つの愛が25年の時を超えて交差する、いたって重厚なサスペンス映画でした。アルゼンチン映画というのもうなずける情熱が映画自体の描写にも登場人物たちの行動にも奥深くうずまいて、なかでも特筆すべきは、女性判事補役のソレダ・ビジャミル。若い時と二十五年後と、それぞれの時代の同一人物を演じているのですが、みごとに演じ分けていて、どちらもまったく違和感がない。いったい、どっちが本人の年齢に近いのかわからないくらいです。彼女に惚れている主人公が、暑苦しい顔のわりに、自分の気持ちを打ち明けないというのは、もったいない、じれったい。女でなくても、怒るよね。一方で、殺人の犯人がああいう目に遭うというのは、そう驚くほど独自性のあるどんでん返しではないけれど、主人公に向けて最後に発する一言、あの一言には胸を突かれました。たしかに、ああいう目に遭えば、うらみつらみより、ああいうことばが口から出てしまうのかもしれません。こじつけを言えば、主人公だって、声をかけられなかったばかりに恋に逃げられたとも言えるわけですから。サッカー場での追跡劇のような派手な見せ場もある映画ですが、やっぱりあの地味な一言が心に残ります。

|

« 「カラフル」 玉電 | Main

Comments

That's ask some one for advice and we then attempt to remedy the issue collectively. You start writing code and basically programme as a pair.

Posted by: tsohost review | September 24, 2015 at 03:20 PM

There is a game intended for children, adults, or girls and boys that match your own character.

Posted by: android games on pc reddit | September 28, 2015 at 08:34 AM

This post is genuinely a good one it assists new web users, who are wishing in favor of blogging.

Posted by: Call of Duty Black Ops 3 Hack | October 10, 2015 at 12:29 AM

I used to be able to find good advice from your blog posts.

Posted by: KIMAK KAU | October 23, 2015 at 02:57 PM

Highly descriptive article, I enjoyed that a lot. Will there be a part 2?

Posted by: PUKIMAK | October 23, 2015 at 11:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35774/49308643

Listed below are links to weblogs that reference 「瞳の奥の秘密」 熱い国から来た映画  :

» 瞳の奥の秘密 [小部屋日記]
EL SECRETO DE SUS OJOS(2009/スペイン・アルゼンチン)【劇場公開】 監督: ファン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン/ソレダー・ビリャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディノ ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。 本年度アカデミー賞外国語映画賞を受賞。 本国のアルゼンチンでは34週間というロングランの大ヒットを記録。サスペンスとロマンスが入り混ざった物語。 25年前の残虐な殺人事件と秘めた愛を忘れ... [Read More]

Tracked on August 31, 2010 at 11:01 PM

» 瞳の奥の秘密 [to Heart]
ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。 原題 EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES 製作年度 2009年 製作国... [Read More]

Tracked on September 01, 2010 at 01:37 AM

» 映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 アルゼンチン映画は二ヶ月くらい前の「アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち」以来。 だが、アチラは音楽映画なのに対し、こちらは現代劇。 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にない感性を発見して面白い。 この映画では、  「アルゼンチン流、怨念」  「アルゼンチン流、友情」  「アルゼンチン流、愛情」  「アルゼンチン流、ストーリーテリング」             などを感じることができ、大変新鮮だった。 つまり一言で... [Read More]

Tracked on September 01, 2010 at 04:02 AM

» 瞳の奥の秘密 [あーうぃ だにぇっと]
7月5日(月)@都内某所で鑑賞。 この日は、本作を観たあと帰社して仕事を片付け、再度渋谷へ「ぼくのエリ」を観るために出かけた。 某所での鑑賞後、建物の外に出ると雨が降り出した。 一時は土砂降りのような雨でめげました。(笑) どこか天候がおかしく感じる今日このごろ。 なんて言っていたら、ロシアがひどいことになってますね。 地球温暖化の影響にしか思えませんが・・・いったいどうなっちゃうんでしょうね。... [Read More]

Tracked on September 01, 2010 at 06:59 AM

» 「瞳の奥の秘密」 [碧草の風]
「瞳の奥の秘密」 (2009年 スペイン・アルゼンチン映画 監督フアン・ホセ・カンパネラ) 見終わった感想は、サスペンス映画というより愛についての映画だと思った。 愛する人間を失った者は、その不在にどのようにして耐えるのか? 愛する人がいるのに、愛を告げられないばかりに虚しい日々を送る者は、何をすべきなのか? 裁判所を定年になったベンハミンは、25年前の殺人事件にもとに小説を書き始める。 そのことを伝えに、ベンハミンはかつての上司イレーネのもとを訪れる。 イレーネと話すうちに、ベ... [Read More]

Tracked on September 01, 2010 at 07:13 AM

» 『瞳の奥の秘密』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:スペイン+アルゼンチン合作映画、フアン・ホセ・カンパネラ監督、リカルド・ダリン、ソレダー・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ出演。 [Read More]

Tracked on September 01, 2010 at 08:16 AM

» 瞳の奥の秘密 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
闇に葬られた事件を小説にすることで、失われた過去と向き合う男の物語。本年度アカデミー賞で最優秀外国語映画賞を受賞し、アルゼンチンのアカデミー賞でも13部門を制覇。物語:刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、25年前の殺人事件を題材に小説を書こうと決意する....... [Read More]

Tracked on September 01, 2010 at 11:11 AM

» 映画「瞳の奥の秘密」 [今日の素敵さがし]
 あえて画像を不鮮明にした幾つかのシーンで幕を開ける。そのイントロでワクワクしてくる。とりわけ、心をひっ掻くのは、男と女が駅で別れるシテュエーション。それは後で重要な意味を持つのだが。... [Read More]

Tracked on September 01, 2010 at 11:18 AM

» 『瞳の奥の秘密』 現代史の中の愛と犯罪 [Days of Books, Films ]
考えてみれば、本格的(?)なアルゼンチン映画を見るのははじめてだ。面白そうだった [Read More]

Tracked on September 01, 2010 at 01:48 PM

» 瞳の奥の秘密 [風に吹かれて]
目は口ほどにものを言う 公式サイト http://www.hitomi-himitsu.jp2010年米アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画定年退職した元検事補のベンハミン・エスポシトは、2 [Read More]

Tracked on September 02, 2010 at 08:47 AM

» 映画「瞳の奥の秘密」人は誰も決して忘れてはならない秘密を持っている [soramove]
「瞳の奥の秘密」★★★★ リカルド・ダリン、ソレダー・ビリャメル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ 出演 フアン・ホセ・カンパネラ 監督、129分 、2010年8月14日公開、2009,スペイン、アルゼンチン,ロングライド (原題:EL SECRETO DE SUS OJOS )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「主人公ベンハミン(リカルド・ダリン)は、 忘れがたいある事件を題材... [Read More]

Tracked on September 09, 2010 at 07:33 AM

» 瞳の奥の秘密 [メルブロ]
瞳の奥の秘密(原題: EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES) 328本目 2010-32 上映時間 2時間8分 監督 フアン・ホセ・カンパネラ 出演 リカルド・ダリン(ベンハミン・エスポシト) 、 ソレダ・ビジャミル(イレーネ・メネンデス・ヘイスティングス) ...... [Read More]

Tracked on September 09, 2010 at 06:10 PM

» 瞳の奥の秘密 [映画的・絵画的・音楽的]
 本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼らが昔携わったことのある殺人事件の物語との二つが絡み合うように描かれています。  裁判所を定年退職したベンハミンは、時間的な余裕が出来たことから、25年前に取り扱った殺人事件を基に小説を書こうとし、そのことをやはり25年ぶりに再会したイレーネに... [Read More]

Tracked on September 15, 2010 at 05:58 AM

« 「カラフル」 玉電 | Main