« 「博士の愛した数式」 SFの匂いがする | Main | 「イノセント・ボイス」 12歳の戦場 »

February 04, 2006

「ミュンヘン」 ベスト・オブ・スピルバーグ  

☆☆☆☆ 「宇宙戦争」のようなつまらないSF映画をつくったすぐあとに、こういう名作をつくってしまうというのは、どういう頭の構造をしているのだろうと思いますが、そのような凡人にははかりしれないところが、天才の天才たる所以なのかもしれません。ただ、「宇宙戦争」に単なる娯楽映画にしては妙に暗いところがあったのは、今にして思えば実はこの映画へ至る軌跡だったのかもしれません。彼の真面目路線の映画の系譜でいうと、「太陽の帝国」は若気の至りみたいなところがあったし、「シンドラーのリスト」はまだ、えへ、ぼくって真面目な映画だってできるんだよ、という感じが残っていたし、「プライベート・ライアン」に至っては、いつのまにかヒーロー映画にすりかわっていました。つまり、どこかノウテンキな感じがつきまとっていたのですが、今回の映画は自分の技術をひけらかすのではなく、言いたいことのために自分がこれまでの映画で培ってきた技術を使わざるを得なかったという切羽詰った感じがあって、これまでのベスト1ではないかと思います。暗殺の失敗や、暗殺者の苦悩や、疑心暗鬼や、国家観、それらすべて含めてミュンヘン事件の時代だけではなく、今に至るまでの「世界」というものを捉えてしまった力技には脱帽するしかありません。そして、人と人には結局理解不可能な線があるということを暗示させる絶望的なラストシーン。思い返せば「宇宙戦争」にも確かにそういう絶望感は流れていましたが、それがこういう形で発展するとは思いもよりませんでした。不覚を恥じます。

|

« 「博士の愛した数式」 SFの匂いがする | Main | 「イノセント・ボイス」 12歳の戦場 »

Comments

沢木さんのブログを拝見して
ますます見たくなりました。
明日にでもじっくり吟味しようと思います。
TB貼らせて頂きました。

Posted by: みどりかわ | February 04, 2006 at 07:50 PM

こんにちは♪
TBありがとうございました。
スピルバーグのまじめ路線の映画に関してのコメントがすべて的を射ていますね~。
スピルバーグもやる時はやるなーと思いました。

Posted by: ミチ | February 04, 2006 at 08:00 PM

nao-lifeと申します
Tbを間違いました。
古いほうを削除してください
お手数かけさせてしまいすみません。

Posted by: nao | February 04, 2006 at 11:04 PM

>みどりかわさん

ぜひじっくり吟味してください。軽々しく見に行くと後悔するかもしれませんので。

>ミチさん

ほんと、スピルバーグやるときはやりますね。やらないときはやらないけど。

>naoさん

ご指摘の部分削除しました。それにしてもスピルバーグ、下降気味だと思ったら絶望気味だったのですね。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | February 05, 2006 at 05:47 PM

>理解不可能な線があるということを暗示させる絶望的なラストシーン

=ラストシーンに上手くのれなかった…。どういう解釈をしたらいいのか自分の中で迷ってます。かと言ってもう一度見る勇気もありません。←最近重たい作品続きで沈んでます(^^ゞ 結局は理解出来ない血筋なのかしら…

Posted by: charlotte | February 06, 2006 at 08:19 PM

>charlotteさん

コメントありがとうございます。
ラストシーンの意味を議論するとネタばれになってしまう危険がありますが、ぼくの言う絶望というのはツインタワーのことではありません。むしろ、彼らにとって食事を共にするということがいかに大事なことかということです。とにかく、世界は狭く、そして広い。本気で取り組むなら歴史の勉強をする覚悟が必要そうです。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | February 08, 2006 at 08:14 PM

Buenas tardes. サミィです☆
なんとも重ぃ映画ですね。
民族のイデオロギーゎ、その文化の中で育ったものでなければ理解できなぃコトがあります。
それが民族間に溝を作り、長い年月をかけてもつれていくのでしょうね。
日本も中国、韓国、北朝鮮と、問題を抱えています。
いろいろなことを考えさせられる映画でした。

Posted by: Sammy | March 08, 2006 at 04:15 PM

>Sammyさん

コメントありがとうございます。
確かに日本人だってひとごとではないのですね。けれど、同時期にやっている日本映画は「有頂天ホテル」・・・。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | March 08, 2006 at 10:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35774/8499970

Listed below are links to weblogs that reference 「ミュンヘン」 ベスト・オブ・スピルバーグ  :

» ミュンヘン [Akira's VOICE]
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。 [Read More]

Tracked on February 04, 2006 at 05:31 PM

» 『ミュンヘン』 [異国映画館]
2005年 アメリカ 公開日:2006/02/04 劇場鑑賞06/01/20 nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; nbsp; ミュンヘン nbsp; 監 督 : スティーヴン・スピルバーグ ... [Read More]

Tracked on February 04, 2006 at 06:42 PM

» ミュンヘン [若葉マークは無敵の印! 駆け出し事務所日記]
巨匠 S・スピルバーグ監督が描く最新作 本日封切りだ。必ず見よう。 エンターテイメントではなく社会派の作品を作る時の彼のテクニックは、ひたすら傍観者に徹すること。リアリティーの追求にある。お涙頂戴ショーの安っぽい演出がない。市井の人々の目で事実のみを淡々と追いかける。それがひたすら怖く、そしてまたズシーンと心に響く。『ジョーズ』も『宇宙戦争』も『プライベート・ライアン』も・・・とにかく怖い映画を撮る腕はピカ一。 試写会での反応は様々だ。 「映画史上に残る渾身の最高傑作」 「スピルバーグ作品の中で最... [Read More]

Tracked on February 04, 2006 at 07:48 PM

» 映画「ミュンヘン」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がないミュンヘン・オリンピック開催中のイスラエル選手団襲撃事件を、当時のニュース映像をまじえたこの映画で勉強させてもらった。それにしてもイスラエルとパレスチナの問題はちょっとやそっとでは理解できない。連綿と続く憎しみは果てることがなさ�... [Read More]

Tracked on February 04, 2006 at 07:55 PM

» ミュンヘン [エンタメ!ブレイク?]
歴史は繰り返す…報復劇を手加減なしで描く スピルバーグ最新作は、オスカーの呼び声 [Read More]

Tracked on February 04, 2006 at 08:45 PM

» ミュンヘン /MUNICH [我想一個人映画美的女人blog]
試写ホールの古椅子に座って観たらさすがにお尻痛くなった〜{/ase/} 退屈〜ってことにはならなかったけど、やっぱり長い。2時間44分{/ee_3/} 「長いなぁ、、、。」と思い始めた頃、意外とあっさり終わってしまった、、、 「ターミナル」といい「宇宙戦争」といい最近どうも作品的に微妙...な スピルバーグ監督が真っ向から挑んだ最新作は 1972年9月5日、 ミュンヘンオリンピック開催中に起こった�... [Read More]

Tracked on February 04, 2006 at 10:39 PM

» ミュンヘン・・世界を視野にいれた互いの理解 [|nao-life |]
ミュンヘンを観てきました。 上映時間が長いと言われていますが、私の感想としては、 死と隣あわせの緊張が続き、中だるみなく観ることができました。 また、この手の映画では、人間関係が複雑に絡みあい、 途中で話がわかりにくくなってしまいがちですが、 ストーリーを見失うこともなく、ストレートに観ることができました。 また、それ以上に 主人公の人間性の変化や、任務より帰りたいと感情になるなど 主人公と見ている私の感情が同化していく感覚になり不思議な感覚でした。 このところ、私のスピル... [Read More]

Tracked on February 04, 2006 at 11:02 PM

» ミュンヘン [Lovely Cinema]
2005年/アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ    ダニエル・クレイグ    キアラン・ハインズ    マチュー・カソヴィッツ    ハンス・ジシュラー    ジェフリー・ラッシュ 2006/2/4 映画館にて鑑賞 ★★★ スパイもの好きとしては“モサド”と聞いただけで胸が高鳴るのですが、この作品はそんな娯楽ものではない。社会派ドラマでした。 以下、ネタバレ感想 ... [Read More]

Tracked on February 05, 2006 at 12:08 AM

» ミュンヘン [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人間の哀しく愚かな本質をみる [Read More]

Tracked on February 05, 2006 at 11:08 AM

» ミュンヘン [Saturday In The Park]
アメリカ  監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ     ダニエル・クレイグ     マチュー・カソヴィッツ     ジェフリー・ラッシュ 1972年9月ミュンヘン・オリンピック開催中に武装したパレスチナのテロリ スト集団「黒い九月」が...... [Read More]

Tracked on February 05, 2006 at 02:27 PM

» ミュンヘン [シャーロットの涙]
1972年9月5日ミュンヘンオリンピック開催中に「ブラック・セプテンバー」によるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。イスラエル秘密情報機関「モサド」は暗殺チームを結成。・・・報復を実行していく様を事実を元に描き、そこに真の平和とは何かを問うテーマを織り込むヒューマン・ドラマ。 実際は幼少だったので事件そのものの当時の映像などはを覚えてはいない。 事実その事件後の事は勿論核心にふれて知ろうとも思わなかったし、報道もその後はそんなになかった�... [Read More]

Tracked on February 05, 2006 at 11:51 PM

» 映画館「ミュンヘン」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に基づいたお話です。 ミュンヘンオリンピックのときに...... [Read More]

Tracked on February 06, 2006 at 07:09 AM

» 映画「ミュンヘン」と映画「戦場のピアニスト」(1/2) [make myself just as hard]
映画「ミュンヘン」(Munich, 2005・米国) 映画「戦場のピアニスト」(The Pianist, 2002・仏独英ポーランド) スピルバーグ監督の最新作「ミュンヘン」(昨日より公開中)はさまざまな側面で秀逸だと思うが1、その中でも際立つ点というのは、私がポランスキー監督映画「戦場のピアニスト」を観て特に感銘を受けた部分と共通すると感じた。そこで、今回はこれら二つの映画を同時に紹介する。映画「ミュンヘン」は1972年のミュンヘン五輪開催中に起きたPLO(パレスチナ解放機構)によるイスラ... [Read More]

Tracked on February 06, 2006 at 08:34 AM

» 奴らに深き眠りを@ミュンヘン [憔悴報告]
出来事的衝撃と物語的衝撃の兼ね合いで、映画は成り立っている。 最も分かりやすい例が『悪魔のいけにえ』であり、あの映画は出来事的衝撃を極限にまで高めたという意味で紛れもなく最強だ。 スピルバーグは前作『宇宙戦争』で、まさに『悪魔のいけにえ』のごとき出来事的衝撃の究極を目指し、ある程度それを達成した。... [Read More]

Tracked on February 06, 2006 at 12:30 PM

» 「ミュンヘン」スピルバーグの勇気 [SUKANPIN NOTE]
出町柳コースケです。 今日のすかんぴん映画のススメは、スティーブン・スピルバーグ監督最新作「ミュンヘン」です。 この映画は実際の起こった事件を元に今尚、世界のどこかで行なわれている人間同士の終らない殺戮という陰の部分を問題視する視点で描いた社会派映画です..... [Read More]

Tracked on February 06, 2006 at 02:02 PM

» 『ミュンヘン』 2006・2・5に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『ミュンヘン』  公式HPはこちら  ENTTER SITEでFlash版 ●あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。イスラエルの機密情報機関(モサド)は、報復の... [Read More]

Tracked on February 06, 2006 at 08:56 PM

» 「ミュンヘン」 [それ、いいかも?]
「ミュンヘン」 謀略史観的な書物では、モサドといえば世界中の情報工作機関の中で最も優秀で最もプロ意識の高い冷徹な集団として描かれるが、この映画に登場する工作員たちはそれにはほど遠い。 水も漏らさぬ完璧な計画を立てるでもなく、表情ひとつ変えずに敵を始末するわけでもない。 暗殺という任務に葛藤を繰り返し、次第に疑問さえ感じ始める。 彼らのキャラクターに関しては創作された部分も多いようだが、ある意味のリアリティがそこ... [Read More]

Tracked on February 07, 2006 at 12:21 PM

» 映画「ミュンヘン」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:MUNICH 1972年9月5日、ミュンヘンオリンピックでのパレスチナゲリラブラック・セプテンバーによる人質事件、そして報復の暗殺の物語が綴られる・・。 この映画、事件の関係者のコメントに基づいて創られたという。パレスチナゲリラの獄中のメンバ... [Read More]

Tracked on February 08, 2006 at 02:43 AM

» 映画のご紹介(92) ミュンヘン [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画が 懐かしいなあ 2006年第78回アカデミー賞主要5部門ノミネート(作品、監督、編集....... [Read More]

Tracked on February 08, 2006 at 09:15 PM

» ミュンヘン [A Date With Tracey]
いやぁ〜〜‥‥‥‥ さすがスピルバーグっ!! ‥‥などと、しょぱなから文字をデカくして大絶賛してしまおう! そう、『ミュンヘン』! ミュンヘン、ミュンヘンミュンヘン!いやあ、すげぇじゃねーかコレ♪♪ 1972年のミュンヘン・オリンピックにおいて発生した、「黒い九月」 による、どーたらこーたらなんだかんだ事件‥‥という、深刻かつへヴィ な実話を映画化して云々うんぬんウンヌン云々ああん・・・な�... [Read More]

Tracked on February 08, 2006 at 10:26 PM

» ミュンヘン [悠雅的生活]
報復が齎す孤独と苦悩 [Read More]

Tracked on February 09, 2006 at 01:47 AM

» ミュンヘン [映画を観たよ]
事実って怖い。 イスラエルとパレスチナは授業でこの間ちょこっと習ったんだけどやっぱりそんな浅い知識じゃダメだなぁって思いました。 もっとよく考えてみないといけない問題なのかも。 年代的にこの映画が公開されるまで「ミュンヘン事件」っていうのも知らなかったしパレスチナとかの問題をほんの少しだけ理解したのもごく最近。 上映時間長かったです。そしてずっと淡々としていました。 いつもだったらこんなに淡々とされると結構辛いんだけど�... [Read More]

Tracked on February 09, 2006 at 11:44 AM

» 「ミュンヘン」 [共通テーマ]
1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に起きたイスラエル選手団襲撃事件。選手11名は全員死亡。モサドはゲリラ11名の殺害を企てる・・・ 「わたしは正しいのか?」。スピルバー [Read More]

Tracked on February 09, 2006 at 12:26 PM

» ミュンヘン(2005/アメリカ/監督:スティーヴン・スピルバーグ) [のら猫の日記]
【新宿ピカデリー】 1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部..... [Read More]

Tracked on February 10, 2006 at 08:59 PM

» 【劇場鑑賞12】ミュンヘン(MUNICH) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1972年ミュンヘン・オリンピック 世界は11人のアスリートが 殺されるのを目撃した この映画は、その後の物語である。 [Read More]

Tracked on February 10, 2006 at 09:05 PM

» ミュンヘン [ちつ子の調教シネマCAFE]
エンドロールが流れ始めてもあたし、暫く席を立てなかったわ。 強烈な虚脱感に襲われた、というか茫然と何も考えられない状態のまま出口に向ったのを記憶しているわね。 公開初日に友達と観に行ったのだけれど、シアターを出て数分間はお互い....... [Read More]

Tracked on February 12, 2006 at 07:02 PM

» 映画「ミュンヘン」を観て来ました  [ブツヨク人 〜 GOのハッピー?!ライフ ブログ 〜]
映画「ミュンヘン」を観て来ました。 スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、事件に関わった人々のコメントや、史実に基づいて映画化した衝撃の問題作。 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エ....... [Read More]

Tracked on February 12, 2006 at 10:43 PM

» ■〔映画鑑賞メモVol.9〕『ミュンヘン』(2005/スティーヴン・スピルバーグ) [太陽がくれた季節]
~「第20回冬季トリノ五輪開催記念」(^^)あれこれ―その2:ああ、ミュン篇(^^) →その1:ああ、トリノ五輪篇~僕のメダル獲得予想は「金3、銀3、銅4」は、こちら! →その3:ああ、名古屋篇~ストーンズ「名古屋公演」行くか行くまいか...は、(※後刻!) おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです! さて、2月12日の朝を迎えました。東京は穏やかな晴天です!! 私め、友人に誘われたこともあり、今週中に『ミュンヘン』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)の2度目の... [Read More]

Tracked on February 13, 2006 at 12:02 AM

» 映画『ミュンヘン』は、『SAYURI』にも匹敵する一大国際プロジェクトでした。 [海から始まる!?]
 エリック・バナ(もしくはダニエル・クレイグ)が、考え込んでしまっているかように、がっくり肩を落として座っているシルエット。  映画『ミュンヘン』の予告編から事前に私が得たイメージ映像はこれだけでした。  アメリカでの先行公開が、アカデミー賞をぎりぎりで狙える12月23日であり、日本でも事前のマスコミ向けの試写も年明けにわずか1回行なわれただけだったので、映画『ミュンヘン』に関する大体のストーリーは伝えられたにせよ、誰が出ているのかというような情報はあまり入ってきてはいませんでした。監...... [Read More]

Tracked on February 14, 2006 at 03:14 PM

» ミュンヘン [toe@cinematiclife]
第78回 アカデミー賞 作品賞、監督賞 ノミネート作品 1972年のミュンヘンオリンピックで実際に起きた事件を元に描かれたこの映画。 その事件は、「オリンピック選手村で11人のイスラエル代表が殺された」というものであり、犯人はパレスチナ人だった。 当時、生まれたばかりだった私にとっては、そんな事件の存在すら知らなかったけれど、この映画が世界に訴えようとするメッセージについて深く考えさせられた。 <... [Read More]

Tracked on February 16, 2006 at 01:26 AM

» White February, Black September [憔悴報告]
みんな行っちゃった。 トリノに行っちゃった。 ひとりだけミュンヘンで居残り。 [Read More]

Tracked on February 16, 2006 at 04:45 PM

» ミュンヘン [空想俳人日記]
ミュンヘンも マンハッタンも ターゲット   なぜ今ミュンヘンなんだろうか。もちろん時間が経たなきゃ描けない時代を左右する事件は、いつか歴史が判断するまで待たねばならないかもしれない。しかし、そんなことは、ここでは言いたくない。  娯楽大作を生み続けるスピ... [Read More]

Tracked on February 16, 2006 at 11:00 PM

» 社会派超大作「ミュンヘン」見てきました [よしなしごと]
 30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。 [Read More]

Tracked on February 18, 2006 at 08:23 PM

»   Movie:『ミュンヘン』 [Curry Life!]
映画「ミュンヘン」オリジナル・サウンドトラック/サントラ 1972年 ミュンヘン・オリンピック 世界は11人のアスリートが 殺されるのを目撃した。 この映画は、その後の物語である。 最初から、最後まで緊張感あふれる展開で、 まったくあっという間の164分間だっ....... [Read More]

Tracked on February 24, 2006 at 10:13 PM

» 「ミュンヘン」テロの狂気と正義 [soramove]
「ミュンヘン」★★★☆ エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ主演 スティーヴン・スピルバーグ監督、2005年、アメリカ 1972年 ミュンヘン・オリンピック開催中に、 パレスチナゲリラによる イスラエル選手団襲撃事件が起こった。 人...... [Read More]

Tracked on February 25, 2006 at 12:11 AM

» エリック・バナ主演 スピルバーグ監督作品 映画「ミュンヘン」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
賛否両論や宣伝は控えめになど 話題の多いスピルバーグ監督の 「ミュンヘン」ご覧になりましたか? 「宇宙戦争」に続く新作ですが 流れは「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」の 歴史の裏に隠されたシリーズです。 作品は2時間44分の  このシリーズ特有の超大作ですが 見ごたえ充分、無駄なシーンがないほど 一気に見せてくれます。 1972年に自分が何歳であったか 「ミュウヘン・オリン... [Read More]

Tracked on February 27, 2006 at 03:08 AM

» 「ミュンヘン」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
今から34年前の1972年、西ドイツ(現在のドイツ)のミュンヘンでミュンヘンオリンピックが開催された。開会式は8月26日に行われたのだが、それから10日後の9月5日に世界中を震撼させる大事件が起こった。世に言う「ミュンヘンオリンピック事件」で在る。 パレスチナの武装グループ”黒い九月(ブラック・セプテンバー)”のメンバー8人が、オリンピック会場内のイスラエル選手村に乱入。イスラエル人選手とコーチの2名を殺害した上、�... [Read More]

Tracked on March 01, 2006 at 04:47 AM

» エリック・バナ主演 スピルバーグ監督作品 映画「ミュンヘン」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
賛否両論や宣伝は控えめになど 話題の多いスピルバーグ監督の 「ミュンヘン」ご覧になりましたか? 「宇宙戦争」に続く新作ですが 流れは「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」の 歴史の裏に隠されたシリーズです。 作品は2時間44分の  このシリーズ特有の超大作ですが 見ごたえ充分、無駄なシーンがないほど 一気に見せてくれます。 1972年に自分が何歳であったか 「ミュウヘン・オリン... [Read More]

Tracked on March 04, 2006 at 03:22 PM

» 『ミュンヘン』この映画を見て! [オン・ザ・ブリッジ]
第58回『ミュンヘン』見所:「暴力の連鎖の哀しみと虚しさ、そして暗殺者たちの苦悩。」  つい先日トリノで冬季オリンピックが行われ、各国の選手が世界一を目指して競っていました。オリンピックは古代ギリシアの神ゼウスを祝う祭典としてギリシャ全土をあげて行われ、ギリシャ各地の都市国家群はたとえ戦争中であっても休戦して参加しなけ... [Read More]

Tracked on March 05, 2006 at 12:53 AM

» 雨… [Samiano de Angelisの徒然なる日々]
雨ゎ鬱をより深ぃ所へ引き込んでいきます。 が、それにもめげずに行って来ました。 [Read More]

Tracked on March 08, 2006 at 04:15 PM

» ミュンヘン [シネクリシェ]
 ミュンヘン事件そのものではなく、"その後のミュンヘン事件"を扱った作品。  パレスチナへの報復として、素人であるにもかかわらず刺客として抜 [Read More]

Tracked on March 12, 2006 at 08:28 AM

» MUNICH 「ミュンヘン」を見た! [Choco Break]
最近、思うように映画が見れない・・なかなか時間が割けなくて。見なくちゃ、と思った [Read More]

Tracked on March 13, 2006 at 11:07 PM

« 「博士の愛した数式」 SFの匂いがする | Main | 「イノセント・ボイス」 12歳の戦場 »