« 「スタンドアップ」 タイトル考 | Main | 「ミュンヘン」 ベスト・オブ・スピルバーグ   »

January 21, 2006

「博士の愛した数式」 SFの匂いがする

☆☆☆☆ 「惑星ソラリス」とか「2001年宇宙の旅」とか、質のいいSF映画には何か人間界のどろどろを超えた静謐な瞬間が存在していて引き込まれるのですが、「博士の愛した数式」はSF映画でもないのに、そうした透明な空気感が感じられて、それはなぜだろうと思うと、やはり数字という無機質なものが宇宙という無機質なものと近い存在感を放っているからではないか、と思ったりもします。そういった人間の体温の及ばない無機質な世界から人間の体温をとらえなおすというのが、SFの存在意義であるとするならば、この映画もそんな意味の感動を与えてくれるのです。

一方で、数学科を卒業して母校の高校教師になったぼくの友人を思い出したりもしました。彼は大学時代、「数学科が理学部にあるなんておかしい。数学は芸術なんだよ」と言うのが口癖でしたが、いまごろ、成人したルートのように魅力的な授業をしているのでしょうか。まったく、この映画を見た多くの人がこんなふうな授業を受ければ数学嫌いにならずにすんだのに、と思っているかもしれません。

冷静に考えれば、こじつけにすぎないような話なのですが、それを納得させてしまうだけの演出、演技がこの映画にはあります。先日見た「プルーフ・オブ・ライフ」は同じ数学の世界の話でありながら、この、数学を魅力的に見せるという要の部分が欠けていたためにまったく退屈な映画になっていましたが。

成人したルートの話に反応する生徒を見せないとか、深津絵里のような色のついていない女優を持ってくるとか、村山・江夏のような伝説になってしまった人間の話を持ってくるとか、とにかく話を純化する方向へベクトルを向けているので、逆に数字というなんの意味もなさないものが意味を持って輝いてくるという、うなるような構成。もちろん、原作がいいといってしまえばそれまでですが、自然の風景の入れ方といい、吉岡秀隆そっくりの子役を見つけ出してきたことと言い(初登場のシーンではみなさん「純!」と叫ぶはずです)、センスとバランスがいいことこの上ない。浅丘ルリ子がまた複雑な思いを胸に秘めながら決してそれを表には出さない。(「私は罪深い女です」なんていまどき平気な顔して言えるのは彼女しかいません)

2006年最初に見た日本映画が2006年のベストワンになるなんて、楽しみが減ってしまったような気もしますが、それをさしひいても、映画を見続けてきてよかった、と心から思える作品です。

|

« 「スタンドアップ」 タイトル考 | Main | 「ミュンヘン」 ベスト・オブ・スピルバーグ   »

Comments

こんにちは♪
ルートの授業を受けたくなりましたよね。
数式の美しさが映画からも充分に感じ取れたのが嬉しかったです。

Posted by: ミチ | January 21, 2006 at 09:34 PM

>ミチさん

コメントありがとうございます。
この映画を見た数学の先生はこれから先、どのような授業を生徒にしていくのでしょうか。ちょっと気になりますね。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | January 21, 2006 at 10:44 PM

自然の風景、特に博士と桜の中をお散歩したりとそんな温かい日差しが似合う映画でしたね。
>数学は芸術
すごいことを言いますね。
でもこの映画を見た後ならそれも何だか分かる気がします。

Posted by: ななな | January 23, 2006 at 12:36 PM

>なななさん

コメントありがとうございます。
「数学は芸術。インスピレーションを形にする。そして、どのように美しい形にするかが本質なんだ」と彼は言っていました。彼にもし文才があれば小川洋子さんの前に数学文学をものにしていたかも。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | January 23, 2006 at 10:43 PM

わたしも「純だ」とすぐ思いました。
確かにSFでした、私にとっては。
それも昔小松左京が書いた「果てしなき流れ」(?)系のハードSFです。

Posted by: KUMA0504 | February 09, 2006 at 01:39 AM

>KUMA0504さん

コメントありがとうございます。
なるほど、「果てしなき流れ」ですか。「日本沈没」の再映画化もこんな感じでやってもらったら面白いかもしれませんね。(て、どんな感じだ??飛躍しすぎでした)

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | February 11, 2006 at 12:19 PM

お邪魔します~♪

最近の邦画は、お客さんが入ってますねぇ~♪大阪の映画館で観たんですが、満員でしたよ。

博士、杏子、ルートそして数学の世界・・・その絡み方が実に暖かくって、良かったです!大笑いする映画でも、号泣する映画でもなかったけど、何となく優しい気分になれる映画でした!

Posted by: はっち | February 12, 2006 at 09:37 AM

>はっちさん

コメントありがとうございます。
ほんとに最近の日本映画は人が入っていますね。「博士の愛した数式」のような地味な映画は、昔だったらあまり話題にならなかったような気もします。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | February 12, 2006 at 11:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35774/8258397

Listed below are links to weblogs that reference 「博士の愛した数式」 SFの匂いがする:

» 『博士の愛した数式』 鑑賞(試写会) [♪日々 新鮮♪]
原作者の小川洋子さんのトークショーがありました。 ★★★★★★★★☆☆  http://hakase-movie.com/ ↓口コミ応援サイトです http://ip01.crossmarc.jp/xm42/View.aspx?v=QIVDoLMkyXG7FDpwB5Rtoq1g0y5aNdfctkTayxurVbx [Read More]

Tracked on January 21, 2006 at 11:08 AM

» ■博士の愛した数式(試写) [::あしたはアタシの風が吹く::]
博士の愛した数式−試写会−イイノホールにて 2006年1月10日(火)今年初めての鑑賞となるこの作品は、とても心が暖かくなる素敵な映画でした。新年のスタートにこの映画を観ることができてとても幸せだと思いました。 [Read More]

Tracked on January 21, 2006 at 05:24 PM

» 「博士の愛した数式」の試写会へ行ったのそ [のそのつぼやき]
 昨日は「博士が愛した数式」の試写会へ行ってきました。 狭い会場でしたが、大盛況で、立ち見もかなり出ました。 [Read More]

Tracked on January 21, 2006 at 06:38 PM

» 博士の愛した数式 小川洋子 新潮文庫 [お気に入りの映画]
数学大好きだからすごくおもしろかったけど、感想は何を書けばいいんだろう? 続きを読む [Read More]

Tracked on January 21, 2006 at 07:11 PM

» 映画「博士の愛した数式」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「博士の愛した数式」★★★★☆ 小川洋子著の同名小説の映画化。私にとって「博士の愛した数式」は一昨年出会った大切な本のひとつ。その本の中で語られた数式の美しさ、博士の人となりなどがどのように映像化されるのか心配していたが、とても満足のいく仕上がりになっていた。この原作に特別の愛情を持っているせいか、見ている間中静かに涙が頬をぬらし続けていた。 大人になったルート(吉岡秀隆)の回想でストーリーが語られていく。その数学の授業が�... [Read More]

Tracked on January 21, 2006 at 09:32 PM

» 「 博士が愛した数式 」 [MoonDreamWorks]
監督・脚本: 小泉堯史主演 : 寺尾聰 / 深津絵里 / 吉岡秀隆      齋藤隆成 / 浅丘ルリ子公式HP:http://hakase-movie.com/  博士とそこに家政婦としてやってきた杏子はお互いを慈しみ会える・・・まさに、神のはからいによって友愛数を持つもの同士だっ...... [Read More]

Tracked on January 21, 2006 at 11:42 PM

» 試写、今年の鑑賞初め「博士が愛した数式」 [MoonDreamWorks]
いやぁ〜〜この映画良かったです。面白いという表現とはちょっと違のですが、年始めに観た映画が期待以上の本作と言うことで、「こいつぁ〜春から縁起がいいや!」2004年11月からブログというものを初めて以来、「邦画」 っというカテゴリーの中でジャンルを超えて、私の...... [Read More]

Tracked on January 21, 2006 at 11:42 PM

» 「博士の愛した数式」 [てんびんthe LIFE]
「博士の愛した数式」九段会館 movie.walkerplus.com/hakase でこの作品のキャンペーンが始まりましたがうまくリンクできません。なさけない。 http://ip01.crossmarc.jp/xm42/View.aspx?v=QIVDoLMkyXF1I9CcQOqI7M5LaVCzmapA.vao6D6Q9CjPvKldfg.JNXfGz856b9.M ↑↑↑ここです。クリックしてね。 究極の癒し系作品でした。寺尾聡はこういうしっとりとした作品がよく似合います... [Read More]

Tracked on January 22, 2006 at 12:41 AM

» 「博士の愛した数式」鑑賞 [エモーショナル★ライフ]
試写会にて「博士の愛した数式」を見てきました。 試写会じゃなかったら見る予定ではなかったのですが、 見てみるとすごく良い映画でした。 80分しか記憶が保てないと言う寺尾聰さん演ずる博士ですが、 そのキャラクターはまるで子供のように無邪気で、 ゆっくりとした話し..... [Read More]

Tracked on January 22, 2006 at 01:40 AM

» 博士の愛した数式 [エリ好み★]
コチコチの文系だった私が、数学の方式を、とっても美しいと感じました。 [Read More]

Tracked on January 22, 2006 at 03:25 AM

» 博士の愛した数式 [映画を観たよ]
数学大嫌い! でも解けたときの嬉しさはどの教科にも勝りますよね! 春の日差しの中で優しくて温かい雰囲気が漂っていました。 3分の2くらいは原作に忠実でした。 家政婦さんと√と博士の何だかのんびりした気持ちの良い空気がよく表現されていたと思います。 原作を読んだときもそうなんだけどこの映画でも数がとても親しみやすくて素敵に見えるんですよね。 数学嫌いなのに魔法がかかったように数が楽しくて優しく感じるん... [Read More]

Tracked on January 22, 2006 at 05:04 PM

» 博士の愛した数式 [sigh.]
先日小川洋子さんの原作を読んだ「博士の愛した数式」 公開初日を迎えた映画版を見てきました。 博士役に寺尾聡 家政婦は深津絵里 家政婦の息子・ルート(√)は 子役の斎藤隆成 成長した姿として吉岡秀隆 博士の義姉に浅岡ルリ子 原作を先に読んでいたので、配役がイメージに合うかなぁ…とか、若干心配だったりもしましたが、映画を見ているとすんなり世界に溶け込めました。 原作は、家政婦の視点が物語が進みますが、映画版は大人... [Read More]

Tracked on January 22, 2006 at 08:13 PM

» 「博士の愛した数式」 [試写会帰りに]
九段会館にて「博士の愛した数式」試写会。 原作は小川洋子の「博士の愛した数式」。小泉堯史監督。 博士の愛した数式 原作本が面白かったので、映画化されると知ってから楽しみと不安半々で楽しみにしていた作品です。キャストが寺尾聰、深津絵里という事で安心して観てい..... [Read More]

Tracked on January 22, 2006 at 10:39 PM

» 博士の愛した数式 [ネタバレ映画館]
 この生徒たちは何年生だ?とか、ルートの本当の名前はトオルっていうんじゃないのか?などとつまらないことを考えてしまった。  80分しか記憶が持たない博士。人と接する手段として数字のことを訊ねるのです。初対面の異性と何をしゃべっていいのかわからないときに、星座や血液型を尋ねるのと似ています。だけど、ありきたりな会話よりは「靴のサイズ」を訊くほうがよっぽど相手の気を惹くでしょうし、今年の男女の会話におい... [Read More]

Tracked on January 23, 2006 at 03:11 AM

» 博士の愛した数式 [週末に!この映画!]
期待値:83%  小説が原作の映画。 数学の話。吉岡秀隆さんがまたいい感じを出してるんでしょうか。 [Read More]

Tracked on January 23, 2006 at 12:01 PM

» 「博士の愛した数式」 [それ、いいかも?]
(「博士の愛した数式」 小川洋子 著, 新潮文庫) 原作を読んだのは出版されてすぐだったから、もう2年以上前のことで細かいところは忘れてしまっていたが、今回の映画は物語をとても丁寧に映像化されているように感じ、作品として好感が持てた。 たんたんと流れるストーリーは、抑え気味の俳優の演技、淡く美しい自然を背景にした映像美とともに、きわめて日本的な趣きをみせる。 話の中でどうしても必要となる、数式の説明をするためにとった手法も的確�... [Read More]

Tracked on January 23, 2006 at 02:35 PM

» 『博士の愛した数式』 [京の昼寝〜♪]
僕の記憶は、80分しかもたない。 ■監督・脚本 小泉堯史■原作 小川洋子(「博士の愛した数式」新潮社刊)■キャスト 寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、吉岡秀隆、浅丘ルリ子□オフィシャルサイト  『博士の愛した数式』 数学教師のルート先生(吉岡秀隆)は、新しく受け持ったクラスで、自分の名前の由来を語り始める。 それは幼い頃、彼が大好きな博士(寺尾聰)が名づけてくれた仇名だった。 シ... [Read More]

Tracked on January 23, 2006 at 05:50 PM

» 博士の愛した数式 封切り [ネットで算数を楽しむブログ]
 明日21日、いよいよ「博士の愛した数式」が公開される。その影響か、未完成にも関わらず解説編にたくさんのアクセスを頂いているようなので、時間を見つけて仕上げようと思う。しかし明日は渋谷幕張中学へ入試の応援。夜はセンターテスト受験者の質問対応。取りかかれるのは来週かな…。  原作や映画をご覧になられた方、ぜひご感想をお寄せ下さい。3〜4行程度で、過度なネタバレにはならないようお願いします。また、批判意見もOKです。  悪戯対策のため、頂いた感想や評価の書き込みは手動で行いますが、半日以内に... [Read More]

Tracked on January 23, 2006 at 06:15 PM

» 博士の愛した数式 [cinema capsule]
80分しか記憶を覚えていない博士と家政婦親子の心の交流。 至高の人間愛が四季の移ろいと共に描かれる。 ★「博士の愛した数式」 2006年日本 118分 監督:小泉 尭史 出演:寺尾 聰    深津 絵里    吉岡 秀隆    斉藤 隆成    浅丘 ルリ子 ★story 家政婦をするシングルマザーの杏子が新たに派遣された先は、交通事故に遭って 以来80分しか記憶が持たなくなってしまった�... [Read More]

Tracked on January 24, 2006 at 01:19 AM

» 博士の愛した数式 評価額・1210円 [Blog・キネマ文化論]
●博士の愛した数式をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 数学教師のルート先生は、新しく [Read More]

Tracked on January 24, 2006 at 10:36 AM

» 「博士の愛した数式」試写会 [ミチミチ]
「博士の愛した数式」 監督・脚本 小泉堯史 原作 小川洋子 CAST 寺尾聰/深津絵里/齋藤隆成/吉岡秀隆・・・story シングルマザーの家政婦 杏子。彼女の新しい配属先には、時間が止まり80分しか記憶のもたない、ある天才数学者がいた。彼女の10歳の息子をルートと呼...... [Read More]

Tracked on January 24, 2006 at 12:59 PM

» 映画:博士の愛した数式 [王様の耳はロバのママ]
先週末、映画「博士の愛した数式」を梅田ブルクで見ました。 先々週はプルーフ・オブ・マイ・ライフ、先週は博士の・・・ ということで、2週連続で、東西数学映画対決! と相成りました。 「数学映画」って表現もナンですが。 いや~これから、中学の数学の...... [Read More]

Tracked on January 24, 2006 at 07:24 PM

» 博士の愛した数式 [きょうのあしあと]
「友愛数。神の計らいを受けた絆で結ばれ合った数字なんだ」 監督・脚本:小泉堯史 出演:寺尾聰 、深津絵里 、齋藤隆成 、吉岡秀隆 、浅丘ルリ子 劇場: CINECITTA\' 公式サイト: http://hakase-movie.com/ ■作品について 第一回本屋大賞(2004)受賞の小川洋子さんの同名の小説が原作。交通事故により、80分しか記憶がもたない数学博士(寺尾聰)。博士の下に、身の回りの世話をする新しい家政婦がやってきた。深津絵里演じる若き家政婦は、ルートとあだ名される少... [Read More]

Tracked on January 24, 2006 at 10:01 PM

» 博士の愛した数式 [欧風]
金、土とスキーに行ってきて(1日目、2日目)、土曜は遅くても夕方には帰るかな~と思い、私のホーム映画館ではちょうどその日にこの映画の先行上映があるっていうんで、行けたら行くか!って感じだったんですが、東京に着いてみたらこの有様(*_*)。まさに想定外の出来事(ってこの言葉は使ってもタイホされない?(^_^;))。夜に車を動かすのは危険と判断し、断腸の思いで断念。 まあ、そっちは今度の土曜に公開だからいいとして、21日から公開の映画で前から観たいと思っていた映画が「博士の愛した数式」。 以... [Read More]

Tracked on January 25, 2006 at 12:35 AM

» 博士の愛した数式 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
この作品は小川洋子作の「第一回本屋大賞」を受賞した話題の同名小説を映画化した作品です。 主人公の天才数学者「博士」は、交通事故による記憶障害のため、80分しか記憶がもちません。何を話していいかわからず混乱した時には、言葉の代わりに数字を持ち出します。博士の元で... [Read More]

Tracked on January 25, 2006 at 07:06 AM

» 博士の愛した数式 [きれいになりたい!美肌追求中 -40代の挑戦-]
21日(土)に公開された「博士の愛した数式」を公開初日のレイトショーで観てきました。公式HPはhttp://hakase-movie.com/です。 一言でいうと、きれいで奥の深い映画でした。 神様のように優しいのに、80分で記憶が消えてしまう博士と心から思いやりをもって接する家政....... [Read More]

Tracked on January 25, 2006 at 03:13 PM

» 博士の愛した数式 [PLANTE OF THE BLUE]
ほんわかしている、ちょっといい話です。 見所は、博士の紹介する“数学の美しさ” 思わずへぇ~、とボタンを押したくなるような、 数字や数式がいくつか出てきます。 そして美しい景色ですかね。 景色が美しいし、カメラもほとんど動かないので、 役者さんが、絵画のなかで演技をしているようです。 作品全体はものすごく静かで、上品だとおもいます。 京都料理みたいな映画ですね。 ストーリーは・・・    「僕が√と呼ばれるようになったのは・・・。」        家政婦は学識はほとん... [Read More]

Tracked on January 26, 2006 at 04:32 PM

» 永遠と刹那…静謐の時間/『博士の愛した数式』 [活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世]
●博士の愛した数式● 小川洋子著 「僕の記憶は80分しかもたない」 公開中の『博士の愛した数式』の原作。映画に行く前に読んでしまいました。 小川洋子さんは1991年 「妊娠カレンダー」で芥川龍之介賞受賞。「博士の愛した数式」は2004年に読売文学賞、本...... [Read More]

Tracked on January 27, 2006 at 05:26 AM

» 小川洋子【博士の愛した数式】 [ぱんどら日記]
うーん。 なんという静謐(せいひつ)な世界だろうか。 すべてが美しい。この小説に登場する人々すべてが優しい。 こんなに美しくて優しくて、いいのだろうか? 現実感ってものが乏しくないか? しかし読み進むうちに考え直しました。 現実の世が殺伐....... [Read More]

Tracked on January 27, 2006 at 01:40 PM

» 博士の愛した数式(1月21日公開) [オレメデア]
『ぼくの記憶は, 80分しかもたない….』 この数年で,9人も担当が変わった顧客. 家政婦の杏子(深津絵里)の派遣先は,身なりの上品な未亡人(浅岡ルリ子)のもとだった. 未亡人が杏子に告げたのは…, 離れに暮らす義理の弟の世話をすること 離れの問題を,自分...... [Read More]

Tracked on January 27, 2006 at 05:55 PM

» 映画「博士の愛した数式」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
博士の愛した数式は、eのπi乗=-1 → eのπi乗+1=0 オイラーの公式やら、素数、約数、完全数、友愛数、そんな話で展開する・・。 数学教師ルート先生(吉岡秀隆)の仇名の由来として子供の頃の話を生徒達に語りながら物語は始まる。シングルマザーであるルートの... [Read More]

Tracked on January 28, 2006 at 01:08 AM

» 『孤独』と書いて淋しんぼ [Samiano de Angelisの徒然なる日々]
映画を観て来ました。  『博士の愛した数式』 感想は… 泣きました(;_;) し [Read More]

Tracked on January 28, 2006 at 01:57 PM

» #010 『 博士の愛した数式 』 <1,800円=1/10> [Leoの、『一年に映画を100本観るぞ!』 キャンペーン]
元大学教授の数学者(寺尾聰)の家に派遣された家政婦の杏子(深津絵里)は、 彼が交通事故の後遺症で80分しか記憶がもたないことを告げられる。 戸惑う杏子だが、ある日、彼女の息子「ルート」(齋藤隆成)と数学者が会い、ふたりは博士に惹かれていく・・・。 まず結論から言うと、これは非常に美しい映画です。 号泣するような映画ではないし、ラブストーリーでもないし、 巨大な感動の波が押し寄せてくることもありません。 �... [Read More]

Tracked on January 28, 2006 at 02:30 PM

» 博士の愛した数式 [★★レガシィBP5 2.0GT spec.B WR-Limited2004★★]
本屋さんが選んだ賞を取った小川洋子著「博士の愛した数式」が原作の映画を観ました。 オールナイト1,000円、2本観るため、始めに2つ映画券を買って、1本目です。 数学というと、遙か昔、予備校で、秋山仁の講義を受けたときの衝撃を思い出します。 観終わって、よかったなぁ・・・というのが感想です。 早くも、枯れ葉が1,握りつぶすと・・・というところで、うるっときた。なんでこんなところでっ、と思っていたら、周りのところどころで、鼻をすする音が・・・オイラだけキてたわけじゃなかったんだ。ちょっと安... [Read More]

Tracked on January 28, 2006 at 06:03 PM

» 映画のご紹介(89) 博士が愛した数式 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(89) 博士が愛した数式 虚数「i」は「愛」である。 レイトショーで「博士が愛した数式」を観た。 [Read More]

Tracked on January 29, 2006 at 02:57 PM

» 映画 『博士の愛した数式』 [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『博士の愛した数式』公式サイト:http://hakase-movie.com/製作:2006年日本監督:小泉堯史出演:寺尾聰/深津絵里/齋藤隆成/吉岡秀隆/浅丘ルリ子《公開時コピー》 ぼくの記憶は 80分しかもたない 元大学教授の数学者(寺尾聰)の家に....... [Read More]

Tracked on January 29, 2006 at 03:32 PM

» 博士の愛した数式(映画館) [ひるめし。]
ぼくの記憶は80分しかもたない CAST:寺尾聡/深津絵里/斎藤隆成/吉岡秀隆/浅丘ルリ子 他 ■日本産 117分 この間観た「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のアンソニー・ホプキンスも天才数学者でしかも精神病だった。 今回は記憶が80分しかもたない数学博士のお話。まるで「メメント」の主人公だわ。最近本当に記憶に関する映画が増えてるね。そろそろ違う題材に移っても良いんじゃないかしら? 精神病だったり記�... [Read More]

Tracked on January 29, 2006 at 04:05 PM

» 映画「博士の愛した数式」 [Serendipity !]
 原作が面白いと聞いたので、映画「博士の愛した数式」を観に行った。出演者は寺尾聡 [Read More]

Tracked on January 29, 2006 at 07:34 PM

» 映画館「博士の愛した数式」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
最近、記憶や数学を題材にした作品多いですよねぇ。この作品は、その両方を盛り込んだ作品ですねぇ~。 寺尾聰さんの囁くような声に途中何度か睡魔が襲ってきましたが、ゆったりとしたほのぼの気分になれる作品です。私の好みでいうと、もう少し「記憶が80分しか持たな...... [Read More]

Tracked on January 30, 2006 at 09:37 PM

» 彼女の愛した数式 [ザクとは違うのよね]
{/face_ase1/} 今日は、休暇を取って「博士の愛した数式」を観てきた。  この映画は、上映前の予告編でなんか良さそうだったので観てみようと思った。全体的な感想は、「半落ち」同様事前の期待値が高すぎたのか、若干物足りない感じが。もちろん、それでもいいところはたくさんあった。  まず、一番良かったのは、深津絵里の純粋な演技かな。{/face_yoka/}彼女は、「恋のチカラ」や「スローダンス」のように、... [Read More]

Tracked on January 31, 2006 at 12:36 AM

» 【劇場鑑賞7】博士の愛した数式 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
220:1+2+4+5+10+11+20+22+44+55+110=284 220=142+71+4+2+1:284 ・・・友愛数だ 神の計らいを受けた、絆で結ばれた数字なんだ。 私とルートにとって 博士と過ごしすひとときは 本当に、大切な時間でした・・・ ... [Read More]

Tracked on January 31, 2006 at 01:27 AM

» 「博士の愛した数式」見てきました [よしなしごと]
 芥川賞作家・小川洋子のベストセラー「博士の愛した数式」の映画化。原作は第一回本屋大賞(いわゆる「本屋さんが選んだ大賞」)に輝いたことでも有名。と言うわけで博士の愛した数式に行ってきました。... [Read More]

Tracked on January 31, 2006 at 06:04 PM

» 『博士の愛した数式』売上No.1に [Aliiyブログ]
博士の愛した数式 小川 洋子 今日のランチはイタリアンのブッフェでした。 女性ばかりの『Aliiy』編集部のお昼は、結構華やかで開拓しまくり中です。 こんにちは〜。今週末はプライベートで映画を見に行く予定のHIROMIです。 久しぶりに一般の劇場です。 近年は邦画人気で、日本の映画界は売上をどんどん伸ばしています。 昨年も邦画人気が高く、興行収入もランキング上位の邦画率があがりました。 現在も三谷幸喜監督の『THE有頂天ホテル』、自衛隊... [Read More]

Tracked on January 31, 2006 at 08:40 PM

» 感動は深く静かに…「博士の愛した数式」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 実に静かな映画だった。激しい愛の言葉もなければ、憎悪も嫉妬もない。死の場面もない。淡々と日常を追っただけなのに…。それでも、心を打つ、深く静かに、強く。「博士の愛した数式」(小泉堯史監督)はそんな佳作だった。80分しか記憶が持たない病を持つ主人公を寺尾....... [Read More]

Tracked on January 31, 2006 at 11:28 PM

» 博士の愛した数式 [時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド]
今日は久しぶりに映画館で映画をみた 「博士の愛した数式」 原作が本屋さんが売りたい本1位になってて気になっていた作品 80分経つと記憶が消えてしまう数学博士と家政婦の織り成す愛の物語 時間とは何なのか? 大切なものは何なのか? 改めて考えさせられる映画です 今を大切に生きたい、そんな気持ちにさせられました そしてこの映画を見たら数学好きになっちゃうと思います いい役者さんが揃いました 寺尾聡... [Read More]

Tracked on February 01, 2006 at 04:54 PM

» 【映画】博士の愛した数式 [KOHの青赤な日々]
こないだ映画「博士の愛した数式」を見てきました。 だいぶ前に文庫本を買って読んで [Read More]

Tracked on February 02, 2006 at 12:57 PM

» 数式が語る愛 (2006年3本目) [ON THE ROAD]
映画って本当に心のストレッチになるなぁ この映画を見終わった後もそう感じた。 博士の愛した数式({/arrow_l/}クリックすると公式サイトへ) 英国へも留学したことのある数学博士が交通事故で脳に記憶障害が残る。 彼は10年前で記憶が止まり、そこからの新しい記憶は80分後には消滅する。 彼にとっての昨日とは、いつまでたっても10年前の事故当日だ。 彼の記憶は80分しかもたない その数学博士と彼のとこ... [Read More]

Tracked on February 05, 2006 at 08:50 PM

» 「博士の愛した数式」と音楽「加古隆」 [ランチママの徒然日記]
先週の水曜日に行くはずだったのに急に仕事が入り、見れなかった『博士の愛した数式 [Read More]

Tracked on February 06, 2006 at 10:28 PM

» 「博士の愛した数式」√をやさしく抱きしめる [soramove]
「博士の愛した数式」★★★☆ 深津絵里、寺尾聡 主演 昨年買って まだ読んでいなかった原作本を 深夜に読みきり、 翌日映画鑑賞。 本を読んでいるときも、家政婦さんは 深津絵里、博士は寺尾聡で読んでいた。 そして映画、 ちょっと背広のメモが少なく、...... [Read More]

Tracked on February 07, 2006 at 06:12 PM

» 「博士の愛した数式」√をやさしく抱きしめる [soramove]
「博士の愛した数式」★★★☆ 深津絵里、寺尾聡 主演 昨年買って まだ読んでいなかった原作本を 深夜に読みきり、 翌日映画鑑賞。 本を読んでいるときも、家政婦さんは 深津絵里、博士は寺尾聡で読んでいた。 そして映画、 ちょっと背広のメモが少なく、...... [Read More]

Tracked on February 07, 2006 at 06:13 PM

» 「博士の愛した数式」 [再出発日記]
「博士の愛した数式」監督:小泉堯史原作:小川洋子出演:寺尾聰深津絵里齋藤隆成吉岡秀隆浅丘ルリ子「直線を引いてごらん」「本当の直線は始めと終わりが無いんだ」「でも直線はとりあえず目に見える形で引かなくちゃいけない」「目に見えない世界が、目に見える世界を支...... [Read More]

Tracked on February 09, 2006 at 01:47 AM

» 『博士の愛した数式』 [ふつうの生活 ふつうのパラダイス]
見てきました。行ったのは水曜日のレディースデーなので混んでました。おばさんたちがいっぱい。いた。昔、数学の方程式を、イコールをきちんとそろえてノートに少しづつ、式を展開させて解いていくと最後にきちんときれいに正解が出て、頭の悪い私でもルールどおりに問い...... [Read More]

Tracked on February 10, 2006 at 11:00 AM

» 小川洋子「博士の愛した数式」 [make myself just as hard]
小川洋子「博士の愛した数式」(新潮文庫) この小説全編にわたって、なんだかとても良い香りがただよっている。母親が準備する食事の匂い。暑い夏の日の風の匂い。窓から入ってくる雨の匂い。そのほか懐かしい音もたくさん聴こえる。古いラジオから流れる野球中継。初めて行く歯医者の不安を駆り立てる音。野球場のざわつき。やかましい蝉の声。遠くの雷鳴。そして母親が料理をする包丁の音。それらは僕らのかけがえのない子供時代の原風景だ。博士はいまは記憶が80分しか持たないかも知れないけれど、若いときの記憶は残っていて、... [Read More]

Tracked on February 13, 2006 at 11:43 AM

» 能「江口」はオイラーの公式の「解」だった [再出発日記]
月一回、映画好きが集まっておしゃべり会をしている。今日は午後から三々五々やってきて、最終的には老若男女8人が熱心な話をした。本当に映画を好きな人間が思いっきり映画のことを話すことの出来る場所というのは、実はほとんど無い。私の知り合いはみんな私が映画を良...... [Read More]

Tracked on February 15, 2006 at 12:43 PM

» ★博士の愛した数式@品川プリンスシネマ:サービスデー午後 [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
先週までの寒さが嘘のように暖かな春のような日だった今日、風邪も治ってきたので久しぶりのレディースデーを満喫してきた。 映画は『博士の愛した数式』。 今日の日のような柔らかな暖かい物語だった。 ... [Read More]

Tracked on February 15, 2006 at 10:42 PM

» 『博士の愛した数式』その2 深読み編 [ふつうの生活 ふつうのパラダイス]
映画公開も終了に近づいたようなのでかなーり突っ込んで書きましょう。この映画、宣伝では、深津絵里が前面に出てきます。主人公ですから当然なのですが、映画を見るまで浅丘ルリ子が出ている事を知りませんでした。しかし、いざ見始めるとかなり浅丘ルリ子演じるところの...... [Read More]

Tracked on February 16, 2006 at 12:29 PM

» 博士の愛した数式 [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
2006年2月15日(水)1時30分からの回 テアトル池袋 ゴウ先生ランキング: B 上映後、小泉堯史監督トークショー [Read More]

Tracked on February 17, 2006 at 12:03 AM

» 『博士の愛した数式』 [Simply Wonderful 〜Diary & Hobby etc...〜]
数学ってこんなに素敵なものだったんだ。 この映画にもっと早く出会いたかった。 例えば高校受験の時…。 大学受験の時ならなお一層良かったかもしれない…。 不謹慎だけど、上映中そんな思いに囚われること数度…。 『博士の愛した数式』 机に向かって数字と睨めっこしているだけでは、数学嫌いになるのも当たり前かも…ね。 私も博士に、数学を教えて欲しかった。 数“学”なんて思うから、堅苦しくて、問い掛けられることが難解に思えてしまうのだけど…。 なんと言う... [Read More]

Tracked on February 20, 2006 at 09:20 PM

» 博士の愛した数式 [八ちゃんの日常空間]
本年映画鑑賞70本目、うち劇場観賞30本目。ラストのキャッチボールのシーンで一粒涙がこぼれた。 映画は主人公ルートの数学の授業の初日で、自分がなぜ数学とかかわったのか、というエピソードを語るような形で話が進んでいく。 義理の姉と離れで暮らす数学者は交通事故で...... [Read More]

Tracked on February 21, 2006 at 08:54 AM

» 『博士の愛した数式』 [Simply Wonderful 〜Diary & Hobby etc...〜]
数学ってこんなに素敵なものだったんだ。 この映画にもっと早く出会いたかった。 例えば高校受験の時…。 大学受験の時ならなお一層良かったかもしれない…。 不謹慎だけど、上映中そんな思いに囚われること数度…。 『博士の愛した数式』 机に向かって数字と睨めっこしているだけでは、数学嫌いになるのも当たり前かも…ね。 私も博士に、数学を教えて欲しかった。 数“学”なんて思うから、堅苦しくて、問い掛けられることが難解に思えてしまうのだけど…。 なんと言う... [Read More]

Tracked on February 25, 2006 at 08:21 PM

» 『博士の愛した数式』(小川洋子 著)感想(^^)☆ [『ラスト・ワールド』(奥の寄り道☆)]
  ☆映画のあらすじ☆  数学教師のルート先生は、新しく受け持ったクラスで、自分の名前の由来を語り始める。それは幼い頃、彼が大好きな博士が名づけてくれた仇名だった。シングルマザーだったルートの母は、事故の後遺症で記憶障害を負った数学博士の家で、家政婦として働き始めた。ある日、彼女に10歳の息子がいることを知った博士は、家へ連れてくるように告げる。その日から、博士と母、ルートの3人の和やかな日々が始まるのだが…。  (writ... [Read More]

Tracked on February 28, 2006 at 07:13 AM

» 博士の愛した数式 [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
小川洋子原作作品「博士の愛した数式」映像化。 原作は本屋大賞を受賞した直後に職場の同僚に借りて読みました。 それから(一時期)小川洋子作品にハマって読みまくったという きっかけを作った、お気に入りの作品! さてさてどう映像化されてるのでしょうか~♪ 期...... [Read More]

Tracked on March 08, 2006 at 12:25 PM

« 「スタンドアップ」 タイトル考 | Main | 「ミュンヘン」 ベスト・オブ・スピルバーグ   »