« ゴールデンシャンプー賞、決定! | Main | 「スタンドアップ」 タイトル考 »

January 09, 2006

「史上最大の作戦」 温故知新

☆☆☆ どうして「男たちの大和」にノレないのか、こういう映画を観るとよくわかります。落下傘が降下してそのまま井戸の中にするっと落ちてしまう。あるいは、そのまま炎上する家の中に落ちてしまう。なんとも惨めな死に方で、涙も出ない。戦争とはそういうものだ、というのをさりげなく感じさせる。こういう、ノルマンディ作戦の勝利を描くオールスター三時間の大味映画でも、外国の映画は、小さなエピソードをきっちり散りばめる。描き方が大仰じゃないぶん、戦場ではそんなことは日常茶飯事だとわからせて、背筋が凍る。それにひきかえ、「男たちの大和」のエピソードは、あまりにも大仰すぎてしらけるばかり。しかも、エピソードはいろいろあっても、幹になる大和の描写が弱すぎる。もっと工夫があったんじゃないでしょうか。なんだか、「大和」の話になってしまいましたが、言いたかったのは、とにかく、映画をつくる人は、古い映画もちゃんと見ろよ、ちゃんと学べよ、という話。ちなみに、この映画「史上最大の作戦」、40年前の映画です。ヴァージンシネマズで見ました。

|

« ゴールデンシャンプー賞、決定! | Main | 「スタンドアップ」 タイトル考 »

Comments

These youngsters tablet computers are excellent for on-the-go diversions such as long drives in the vehicle, or sitting in hanging around areas.

Posted by: free ipad air apps | October 10, 2015 at 08:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35774/8074052

Listed below are links to weblogs that reference 「史上最大の作戦」 温故知新:

» 『男たちの大和』その2シナリオ編 [ふつうの生活 ふつうのパラダイス]
よくできた映画だったし、十分面白かったんだけどなーんか腑に落ちなかったところがあったことに気がついた。どうもこの映画には裏脚本なるものがあるらしい。というか正しくはシナリオの第一稿。その第一稿のポイントを読んだらすごく面白そうなのだ。このシナリオどおり...... [Read More]

Tracked on January 14, 2006 at 07:05 AM

» 『男たちの大和』その3 独断と偏見の裏読み編 [ふつうの生活 ふつうのパラダイス]
前回はシナリオの話を書いたけどその後さらに考えていたら、「なるほどー。」なんてのが増えた。映画を実際に見ると、前宣伝で言ってた「愛するものを守るために」なんてフレーズが嘘っぱちなのはよくわかる。大和が「戦争を終わらせるために出撃するんだ。」なんて長島一...... [Read More]

Tracked on January 14, 2006 at 07:06 AM

» 『男たちの大和』その1 [ふつうの生活 ふつうのパラダイス]
見てきました。『男たちの大和』感想。ああー面白かった。ていうのが感想。いいのか。こんなんで。戦争映画なんだしさー。テーマは戦争は良くないとか、ラストかわいそうで見てられなかったとか、書くべきでしょう。でもねー、見終わったら爽快なの。大和がラスト撃沈され...... [Read More]

Tracked on January 14, 2006 at 07:06 AM

« ゴールデンシャンプー賞、決定! | Main | 「スタンドアップ」 タイトル考 »