« 「イン・ハー・シューズ」 野ブタ? | Main | 「男たちの大和」 タイタニック? »

November 23, 2005

「カーテンコール」 藤井隆、買い!

☆☆☆ この映画って、現在のシーン、必要?それより回顧シーンの
藤井隆をもっと見せてよ。そんな感想を抱いてしまいます。
正直いって上映時期が「ALWAYS 三丁目の夕日」とぶつかった
不運もあって、
西の阪神の優勝が東のロッテの優勝で掻き消えてしまったように、
下関の30年代が東京の30年代の影に隠れてしまったみたいな
印象を受けます。
銀座の映画館は昔の映画ファンが大部分のようで
なんだかフィルムセンターみたいでした。
だからといって、見逃しちゃあもったいない。
藤井隆がものムチャクチャいいのです。
どこかもの哀しげな笑顔が
昭和の幕間芸人という役にぴったりはまって、
見ているだけで幸せなような悲しいような、
妙な気分に陥り、涙が出そうになります。
待合室のソファが、一人、二人、三人と増えていくのも
感動的だし、とにかくモノクロで描かれた昭和の部分は
「三丁目の夕日」に匹敵するくらいいい。
ただ、惜しむらくは、伊藤歩の登場する現在のシーンは
懐かしくもなければ新鮮でもなく、やっぱり現在のシーン、
必要だったのかなあ、という気もします。(彼女の演技も決して
悪くはなく、映画の構成の問題として)
ただ、そこに出てくる井上堯之がまたいい味出してます。
この映画、ひとことで言うと、
藤井隆vs井上堯之という普通の役者じゃない者どおしの
人間味合戦になってるのがおもしろい。
「ニュー・シネマ・パラダイス」ではないけれど、
藤井隆出演場面と井上堯之出演場面だけ、フィルムを切って
大切にしまっておきたい。
そんな映画です。

|

« 「イン・ハー・シューズ」 野ブタ? | Main | 「男たちの大和」 タイタニック? »

Comments

トラックバックありがとうございました!
「アタマニシャンプー、ココロニシネマ」って素敵なキャッチですね。

Posted by: JOY | December 01, 2005 at 01:36 PM

>JOYさん

コメントありがとうございます。
こういう映画はシネコンではなく、「小屋」で見たいですね。
(そのせいか、近くのシネコンではやっていません)

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | December 03, 2005 at 08:56 AM

TBありがとうございます!こちらからもお返ししようと思ったのですが、何かうまくゆきません。最近結構あるのですが、ココログとgooって相性がよくないのかな??
よかったですよね、藤井隆!僕も、彼の決してうまくはないけれども誠実な演技結構好きです。
仰るように、ストーリーも「幕間芸人の過去と現在」に的を絞って、もっとシンプルにしてくれたほうが良かったですよね!

Posted by: Ken | December 04, 2005 at 03:02 PM

>Kenさん

そうですか、TBうまくいきませんか。前にも同じような指摘をどなたかからいただきました。自分でも記事がなかなかアップできないことがあるんですよね。申し訳ありません。懲りずにまた遊びにきてください。
でも、藤井隆ほんとよかったですよね。「模倣犯」でもちょい役ながら、哀愁のある役をやっていましたが。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | December 04, 2005 at 06:42 PM

こんにちは。

コメントありがとうございました。
藤井くん、良かったですね。
私も、彼の意外な一面を見たような気がしました。
今後も、映画に挑戦して欲しいですね。

Posted by: toe | December 29, 2005 at 08:49 PM

>toeさん

コメントありがとうございます。
藤井隆は「ロスト・イン・トランスレーション」にも出ていますが、あちらに比べ今回のほうが断然光っていましたね。いいコメディアンはいい役者になる、の典型のようです。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | December 30, 2005 at 12:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35774/7286416

Listed below are links to weblogs that reference 「カーテンコール」 藤井隆、買い!:

» カーテンコール [any's cinediary]
その記憶は、泣きたくなるほど楽しかった。 <ストーリー> 東京の出版社に勤める [Read More]

Tracked on November 24, 2005 at 12:57 AM

» 『 カーテンコール  』 [やっぱり邦画好き…]
映画 『 カーテンコール  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本   【11月12日ロードショー】  [ 上映劇場  ] 監 督:佐々部清 脚 本:佐々部清 カーテンコールメイキング 佐々部清監督と昭和ニッポンキネマ [ キャスト ] 伊... [Read More]

Tracked on November 26, 2005 at 10:12 AM

» 映画「カーテンコール」観に行ってきました!! [馬球1964]
昨日9/17より先行公開されています映画、「カーテンコール」を観てきました!! 全国に先駆けての先行公開、地元を舞台にした映画という事で早速観にいきました。さすが地元が舞台とあって、いつもよりかは観客の入りは良かったと思います。最近はTV,VIDEO,DVDの普及で観客が減っているという声をよく耳にしますが、映画館で見る映画ならではの良さがあると思っています。 これから観に行かれる方がたぶん、いや間違いなく�... [Read More]

Tracked on November 26, 2005 at 12:46 PM

» 映画『カーテンコール』 [いんどあかめさん日記]
もしかして、近くの映画館では観られないのかも・・・と 思っていたら、2週間遅れで [Read More]

Tracked on November 26, 2005 at 08:07 PM

» カーテンコール [Smile*smile]
下関が舞台の映画、『 カーテンコール  』を見てきました(´∀`) 山口・北九州では先行上映中です★ 下関に住んでるからには、これは見に行かねば!と思っていました。 実は、この映画の監督・佐々部清さんは他にも下関が舞台の映画を作ってらっしゃるのですが、ま... [Read More]

Tracked on November 26, 2005 at 10:05 PM

» 「シビアな問題」は必要だったのか?◆『カーテンコール』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
11月15日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 香織(伊藤歩)は東京の出版社で、写真週刊誌の契約記者として働いていた。スクープ写真をモノにし、これで正社員になれると思って喜んでいたのも束の間、写真を撮られた女優が自殺未遂を起こし、それがきっかけで故郷の下関に近い....... [Read More]

Tracked on November 27, 2005 at 08:46 AM

» 『カーテンコール』 [お芝居観ようよ!]
絵的にはすごくきれいな映画だったが、 作品そのものは結構期待していった割には、ちょっと印象薄かったかも。 色々盛り込みすぎだったのではないだろうか。 もうちょっと何かに特化して深く掘り下げてくれた方が 印象深い作品になったのではないだろうか。 一緒に行っ....... [Read More]

Tracked on December 04, 2005 at 05:45 PM

» 『カーテンコール』 [京の昼寝〜♪]
お父さん、あなたの昭和は幸せでしたか? ■監督・脚本 佐々部 清■原案 秋田光彦■キャスト 伊藤 歩、藤井 隆、藤村志保、鶴田真由、奥貫 薫、夏八木 勲、田山涼成、津田寛治、井上堯之、橋 龍吾、伊原剛志、水谷妃里 □オフィシャルサイト  『カーテンコール』 東京の出版社で働く香織(伊藤 歩)は、雑誌に掲載した大物政治家のスキャンダル写真が原因で福岡に異動することになった�... [Read More]

Tracked on December 08, 2005 at 12:25 AM

» カーテンコール [toe@cinematiclife]
昭和30年代から40年代にかけて、映画の休憩時間に歌を歌ったりする芸人さんがいたのですね。 私、そんな人の存在すら知らなかったよ・・。 これは、そんな芸人さんの昔と今を描いているお話。 その背景にある人の人情や悲しさを描いた話ではあるけれど、全体的に物足りなさが残った作品だった。 <STORY> 橋本香織(伊藤歩)は、大手出版社の記者。 彼女が長い間張り込んでモノにした大物議員の不倫記事で昇進を狙... [Read More]

Tracked on December 28, 2005 at 01:22 PM

« 「イン・ハー・シューズ」 野ブタ? | Main | 「男たちの大和」 タイタニック? »