« 「春の雪」 ほんとの主役は♀♀♀だった | Main | 「イン・ハー・シューズ」 野ブタ? »

November 06, 2005

「ALWAYS 三丁目の夕日」 なんといとしい東京タワー

☆☆☆☆ ビジュアルエフェクトというのは、それ自体が目的ではなく、
いかに物語に貢献しているか、という点で評価されるべきで、
たとえば、「スパイゾルゲ」でも一生懸命昔の東京を
再現していましたが、
物語があまりにも魅力に欠けていたため、
ビジュアルエフェクトだけがやたら目立つという
錯倒した結果になっていました。
そうなると、映画に血が通っていないという印象が残り、
寒々しい気分で映画館を出たことを覚えています。
それに対し、「ALWAYS」。
人情劇というのは、あまり好きではないのですが、
この場合はビジュアルエフェクトで再現された昭和の東京が
あまりにもすばらしい効果となり、
一歩間違えば安手なテレビドラマになりかねない物語が
胸に迫る物語へと、文字通り血が通う物語へと転換しました。
なんといとしい東京タワー!
ビジュアルエフェクトのひとつの到達点と言っては、
誉めすぎでしょうか。
俳優人も負けず劣らず、堤真一(ダディ!)から薬師丸ひろ子、
小雪から吉岡秀隆、堀北真希(野ブタ!)、小さな子供たちまでが
いとしい、いとしい好演を見せています。
みんなのその後が見てみたい。寅さんのように、
シリーズ化してほしい、というのはかなわぬ願いでしょうか。
観客も寅さんを見に来るような客層だったと思います。
そう、この映画には東宝マークより松竹マークのほうが
ふさわしいと思ったのは、僕だけでしょうか。

|

« 「春の雪」 ほんとの主役は♀♀♀だった | Main | 「イン・ハー・シューズ」 野ブタ? »

Comments

こんにちは。
トラックバックありがとうございます。

>この映画には東宝マークより松竹マークのほうがふさわしいと思ったのは、僕だけでしょうか。

確かにテーマ的にも松竹っぽいですよね。でも『東宝スコープ』から始まってくれたのは嬉しかったなぁ(^^ゞ

Posted by: でんでん | November 06, 2005 at 07:51 PM

でんでんさん

コメントありがとうございます。
松竹の、それもお正月映画にぴったりな気がしました。
原作「三丁目の夕日」にはまだたくさんのエピソードがありますので、
ぜひPART2を実現してもらいたいものです。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | November 06, 2005 at 08:35 PM

TBありがとうございました。
この映画にこんなにもたくさんの人が感動したのを知って、
またまた感動してしまいました。

Posted by: CBR1100XX | November 08, 2005 at 12:23 AM

CBR1100XXさん

ほんとに、感動した、というのは恥ずかしい年齢になってしまいましたが、そんな人間でも素直に感動と言ってしましたい映画ですね。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | November 08, 2005 at 08:12 PM

TBありがとうございました。

>ぜひPART2を実現してもらいたいものです
本当に。原作は読んだことがないので、是非読もうと思っています。

>いとしい好演を見せています。
配役が成功の大きな要因の一つでもありますねえ。みんなが本当に生き生きしていました。

沢木耕三郎(仮名)さまの映画評、これからも参考にさせてくださいね。

Posted by: 桜桃 | November 27, 2005 at 09:54 PM

>桜桃さん

コメントありがとうございます。
ほんとにこんなにみんながいきいきしている映画も珍しいように思います。ところで、CGで再現された東京のなかでも、ラストシーンの東京タワーは本物だそうです。それを聞いてもういちど見てみたくなりました。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | November 27, 2005 at 11:15 PM

はじめまして。
>観客も寅さんを見に来るような客層だったええ、ええ。私も両親と一緒に行ったとですよ。
愛おしい名作ですね。
多くの映画館で上映延長が決まったのも頷けます。
TBさせていただきますね。

Posted by: shiro_taka | January 07, 2006 at 11:22 PM

>shiro_takaさん

コメントありがとうございます。
今年こそシリーズ化決定のニュースが
聞きたいものですね。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | January 08, 2006 at 09:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35774/6921884

Listed below are links to weblogs that reference 「ALWAYS 三丁目の夕日」 なんといとしい東京タワー:

» ALWAYS 三丁目の夕日 [東京映画日記]
ものすごく久々の更新です。 公開前からずっと期待していた「三丁目の夕日」を観ました。 小学校のころからビッグコミック・オリジナルで読んでいた漫画がオリジナルで この時期にやっと映画化されました。この漫画もものすごくいい話でほのぼのした絵と しんみりと心にじわーと伝わるいい話がものすごく心地よくて楽しみに読んでました。 それが映画化されると聞き、期待せずにはいられません! 東宝も最近、漫画とか小... [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 10:22 AM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [*** aqua rainbow ***]
っていう映画を見ました。 結論から言うと・・・・、もう最高に感動しましたよ!! めっちゃ泣いた。恥ずかしいくらい泣いた。 でも別に恥ずかしくない、だってそれくらいいい映画でしたもん。 いままで見た映画で1番になっちゃうかもしれない。 題材は昭和33年、... [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 01:02 PM

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』 舞台挨拶付き。 [キマグレなヒトリゴト]
昭和33年。考えてみれば東京タワーは333m.と聞いたことがある。 そうか。昭和33年に着工されたんですね。 まだ終戦からそう経ってない日本。「防空壕」とか「空襲」が 身近に残ってる。そして「集団就職」に「口減らし」か。 まだまだ貧しい日本だけど子どもたちはなんとなく..... [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 03:43 PM

» 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。 こんな人情ドラマの王道とも呼べる映画には文句がつけられない。 昭和33年の日本の風景は年配の人たちにとってはノスタルジーを呼び、若い人たちには潜在的な日本人としてのDNAに訴えかけ�... [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 04:30 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。 [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 04:54 PM

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観る(少々ネタバレあり) [ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版)]
 今日は「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきた。 昨日の「TAKESHIS’」 [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 05:17 PM

» 『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 [やっぱり邦画好き…]
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ... [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 05:22 PM

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」 [試写会帰りに]
一ツ橋ホール「ALWAYS 三丁目の夕日」試写会。 「ジュブナイル」「リターナー」の山崎 貴監督作品。 原作は西岸 良平の匁「夕焼けの詩 ―三丁目の夕日」。 日本のVFXの第一人者と言われる山崎 貴監督が、こういうノスタルジックな映画を作った事が不思議な感じがするけれど..... [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 06:20 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Akira's VOICE]
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動! [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 06:28 PM

» 映画 : ALWAYS 三丁目の夕日 [青いblog]
試写を見た友達のおすすめだったので観に行った。ビッグコミック・オリジナル「三丁目の夕日」の映画化。 昭和33年の日本。地面は土で野良犬が歩いてて人と人との壁が薄かった時代。建設途中の東京タワーが主人公。 ALWAYS 三丁目の夕日 公式サイトhttp://www.always3.jp/ 「ALWAYS 三丁目の夕日」夕日町オフィシャルガイド 作者: 出版社/メーカー: メディアファクトリ- 発売日: 2005/10/28 メディア: 単行本今の時代には絶滅してしまった元気で強い頑固親父... [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 06:41 PM

» 映画「Always」を見た [黒潮丸のガーデニング通信]
∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 映画「Always-3丁目の夕日」を見た。 なんとも他愛ない話で見るほどの映画でもなかったが、昭和33年の商店街や店舗をスタッフが必死で集めた品物で当時を再現したというコマーシャルに釣られて見てしまった。 昭和33年と言えばわれらが卒業・就職の年である。 東京タワーが建設中で、その下の商店街だから芝のあたりか。 42年頃芝税務署の近くに住んだから地域への親近感もあった。 走る車... [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 07:08 PM

» もきゅもきゅ仔犬(´・ω・`)みんく [みんく]
仔犬(´・ω・`)みんくです!! [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 08:50 PM

» ALWAYS 3丁目の夕日(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和 【公開日】2005/11.5 【製作 [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 11:51 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Rohi-ta_site.com]
映画館で、吉岡秀隆、堤 真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子 出演の「ALWAYS 三丁目の夕日」を観ました。 ●ストーリー 昭和33年、東京タワーの建設工事が見える下町・夕日町三丁目に、小さな自動車修理工場「鈴木オート」があった。 この年の春、「鈴木オート」に青森からの集団就職で、星野六子(堀北真希)が期待に胸を膨らませてやって来た。 「鈴木オート」を大きな自動車会社と思い込んでいた六子は、自分のイメージと全く違う職場にガッカリし、社長で経営者の鈴木則文(堤 真一)と大ゲンカ..... [Read More]

Tracked on November 08, 2005 at 05:37 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
先日、東宝から送られてきた招待状を持って 試写会行ってきましたー♪ タダ!嬉しいっ!一ツ橋ホールへGO-!!(笑) PC直描きで全然綺麗じゃない夕日が出来上がりました…orz 「ALWAYS 三丁目の夕日」2005年公開・邦画 監督/山崎貴 脚本/山崎貴、古沢良太 ...... [Read More]

Tracked on November 08, 2005 at 10:33 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ドリアンいいたい放題]
ここしばらくめっちゃ忙しかった。 短い日でも12時間は職場にいた。 これが、あと数ヶ月続く・・・・・ 既に心身共にボロボロ。。。。。 とりあえず、心だけでも立て直そうと! 劇場にて3本立て してしまいました。 まずは、3本目に観た「ALWAYS 三丁目... [Read More]

Tracked on November 09, 2005 at 11:18 PM

» 映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...... [Read More]

Tracked on November 10, 2005 at 07:16 AM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [まぁず、なにやってんだか]
これは観る価値のある映画です。昭和33年の生活をうまく表現していることにまず驚きます。そして、この1本の映画の中に様々な人間ドラマがうまく盛り込まれていて、感動すること間違いなし。 何ヶ月か前に映画の予告を観た時は、原作も知らないし、「観なくてもいいか」と思っていました。でも、つい最近のちょっと長くなった予告は、淳之介が車に乗って行ってしまうシーンで、わけもわからず涙が・・・。これは感動できるかも!と思い、観てみたら・・・予告の何十倍も泣けます。私の泣きのツボをぐいぐい押されまくってしまいまし... [Read More]

Tracked on November 10, 2005 at 11:47 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気blogランキングに参加してます! ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。 ご協力お願い致します。 今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、....... [Read More]

Tracked on November 12, 2005 at 02:46 AM

» ALWAYS三丁目の夕日を見て [落葉松林のデッキの上で]
 広島でのホテルの朝食の折り、ほぼ私と同世代の4人が一つのテーブルに集った。私を [Read More]

Tracked on November 13, 2005 at 09:35 PM

» ALWAYS三丁目の夕日を見て [落葉松林のデッキの上で]
 広島でのホテルの朝食の折り、ほぼ私と同世代の4人が一つのテーブルに集った。私を [Read More]

Tracked on November 13, 2005 at 09:49 PM

» 「ALWAYS三丁目の夕日」観賞 [Cafeアリス]
ALWAYS三丁目の夕日観賞しました~。 昭和33年の東京の下町を舞台に描かれたコミックを、映画化された作品。 建設途中の東京タワーは、どんどん出来上がっていき、最後には完成してましたね。 東京タワーが出来てから、47年経っていたんですね。 このコミ...... [Read More]

Tracked on November 15, 2005 at 12:17 AM

» 『ALWAYS三丁目の夕日』★★★★★95点 [ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ]
『ALWAYS三丁目の夕日』公式サイトマメ情報  ジャンル;ヒューマン 制作年度/国;'05/日本                      配給;東宝  上映時間;143分        監督;山崎貴       出演;堤真一/吉岡秀隆/小雪観賞劇場:11/3(木祝)日劇PLE...... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 at 11:03 AM

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」と失われた小さな幸せ [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 平日の夜に、ガラガラの映画館で、一人で映画を観るのは実にわびしい。ひどく寒い。観たのは「ALWAYS 三丁目の夕日」という大ヒットマンガをベースにした日本映画。本当は韓国映画の「私の頭の中の消しゴム」を観たかったのだが、きょうは恋愛映画を観る気分でなか....... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 at 11:45 AM

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」と失われた小さな幸せ [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 平日の夜に、ガラガラの映画館で、一人で映画を観るのは実にわびしい。ひどく寒い。観たのは「ALWAYS 三丁目の夕日」という大ヒットマンガをベースにした日本映画。本当は韓国映画の「私の頭の中の消しゴム」を観たかったのだが、きょうは恋愛映画を観る気分でなか....... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 at 11:46 AM

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」と失われた小さな幸せ [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 平日の夜に、ガラガラの映画館で、たった一人で映画を観るのは実にわびしい。ひどく寒い。観たのは「ALWAYS 三丁目の夕日」という大ヒットマンガをベースにした日本映画。本当は韓国映画の「私の頭の中の消しゴム」を観たかったのだが、きょうは恋愛映画を観る気分....... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 at 04:46 PM

» 心が やわやわと柔らかく。「ALWAYS三丁目の夕日」 [ココロにおいしいシネマ]
駅や繁華街などの雑踏の中で、他人のちょっとした行動が気になる・目につく・イライラ [Read More]

Tracked on November 19, 2005 at 01:26 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [わかりやすさとストーリー]
●荒波の浜辺からいざ出発!そういう人って「いたいた探検隊」の竜宮城ツアー。古い玉手箱を開けて精神的に一気に老け込むか、はたまた「新玉手箱」を開けて、可能性という広い海原で前向きな「挑戦」を続けて「スタイル」を確立するか。「時代と人を知る」には良き指標となる作品● ... [Read More]

Tracked on December 02, 2005 at 10:07 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) [ひるめし。]
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかったんですけど、色んなサイトやブログでみなさん褒めちぎっているのでDVD待ちより大画面の映画館で感動しようと思い足を運びました。 予告編で�... [Read More]

Tracked on December 03, 2005 at 09:59 PM

» ALWAYS  三丁目の夕日 [かりめろ日記]
■観覧場所 TOHOシネマ ベイシティ■ ■原作 西岸良平『三丁目の夕日』■ ■脚本 山崎貴 古沢良太■ ■監督・脚本・VFX 山崎貴■ ■CAST 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 薬師丸ひろ子ほか■ ■あらすじ■ 昭和33年―東京タワーが完成するこの年....... [Read More]

Tracked on December 09, 2005 at 02:52 AM

» ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 [猫姫じゃ]
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...... [Read More]

Tracked on December 10, 2005 at 02:42 AM

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望が恥ずかしくない頃 [soramove]
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...... [Read More]

Tracked on December 11, 2005 at 08:17 PM

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」 [キングの映画の窓(劇場鑑賞版)]
監督 山崎 貴 出演 堤 真一     薬師丸ひろ子 昭和33年の東京下町が舞台の人情ドラマで、なかなかの評判を聞き当初は鑑賞予定が無かったんですが、予定してた「TAKESHIS」をキャンセルして行きました。 映画の日て事もあり場内は結構な入りで幅広い客層でした。 開巻いきなりの「TOHO SCOPE」の文字と共に作品に相応しくないシネスコサイズにびっくり!う〜んこだわってるね! 昭和33年の東京�... [Read More]

Tracked on December 12, 2005 at 11:32 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [週末に!この映画!]
僕の期待値:91%  クリスマス・イブということで愛情たっぷりの映画。(ちょっと [Read More]

Tracked on December 24, 2005 at 09:13 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド]
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にやってきたときの喜びようすごかったなぁ 町中総出だもんなぁ テレビを初めてつけた瞬間皆と一緒に自分まで夢中になってし�... [Read More]

Tracked on December 30, 2005 at 05:32 PM

» 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山。 物語の出だしは、やや平凡で退屈な印象を受けるが、... [Read More]

Tracked on January 19, 2006 at 01:20 AM

« 「春の雪」 ほんとの主役は♀♀♀だった | Main | 「イン・ハー・シューズ」 野ブタ? »