« 「ティム・バートンのコープスブライド」 ティムには哀しみがよく似合う | Main | 「ALWAYS 三丁目の夕日」 なんといとしい東京タワー »

October 30, 2005

「春の雪」 ほんとの主役は♀♀♀だった

☆☆☆ 妻夫木聡と竹内結子の恋愛映画を見に行ったつもり
だったのに、中身は若尾文子、岸田今日子、大楠道代という
旧大映女優トリオの存在感が圧倒するシニア映画決定版でした。
なにしろ、見終わってみて初めて、
若い二人の恋の行方を裏から巧妙にあやつっていたのは、
このひと癖もふた癖もある三人の意地悪ばあさんだったと
気づくのだから。
はい、もう、貫禄負けです。
もうひとつ、特筆すべきは、撮影監督リー・ピンビン。
あの「花様年華」の撮影監督だと言われれば納得の、
とろけるような映像に仕上がっています。
これほど絢爛でエキゾチックな映像の日本映画というのは
近頃ないのではないでしょうか。
これで、主役がトニー・レオンとマギー・チャンだったら
「花様年華」並みの大傑作になったところです。
どこかの雑誌にも書かれていましたが、日本人なら
往年の市川雷蔵と若尾文子で見たかったところです。
けれど、市川雷蔵は死んじゃったし、
若尾文子はいまや三婆だし、それは見果てぬ夢ということで。
いまどき、三島文学を映画にしてくれたというだけで、
感謝、感謝。
あの、とても生身の人間が言うとは思えない
文学的な硬質なせりふが聞けただけでも良しとしましょう。
妻夫木君にはもっともっとあの、奇っ怪な文学調書き言葉を口にして
ほしかったなあ。

|

« 「ティム・バートンのコープスブライド」 ティムには哀しみがよく似合う | Main | 「ALWAYS 三丁目の夕日」 なんといとしい東京タワー »

Comments

はじめまして♪
TBありがとうございました。
3人の年配女優さんたちはものすごい存在感でしたね~。
大正時代の雰囲気、あの硬質なセリフがとてもよかったです。
私は結構満足しました!

Posted by: ミチ | October 31, 2005 at 09:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35774/6762048

Listed below are links to weblogs that reference 「春の雪」 ほんとの主役は♀♀♀だった:

» 映画「春の雪」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「春の雪」★★★★ ストーリー:侯爵家の子息、松枝清顕(妻夫木聡)と伯爵家の令嬢である綾倉聡子(竹内結子)は幼なじみの仲だったが、聡子はいつしか清顕に想いを寄せるようになっていた。しかし、不器用な清顕はその愛情表現に対してうまく応えることが出来なかった。 日本文学の最高峰、三島由紀夫原作の「春の雪」をどうやって映像化するのかとても不安だったが、予想以上に美しい作品に仕上がっていて満足した。 大正時代の「�... [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 09:19 PM

» 『春の雪』 [ラムの大通り]
----これって三島由紀夫「豊穣の海」の第一部を映画化したんだよね。 「輪廻転生」がテーマだと思ったけど、 このチラシでは「究極の純愛物語」となっている。 「ま、何をもって<純愛>と言うかだね。 この物語は、 侯爵家の子息・清顕と伯爵家の令嬢・聡子の愛を描いたものには間違いないけど、 最初に原作を読んだ時は、ふたりの<駆け引き>が印象に残った記憶がある。 清顕は自分に好意を寄せる聡子を親友の本多に近づけようと、 わざと自分... [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 10:52 PM

» 『春の雪』 [ラムの大通り]
----これって三島由紀夫「豊穣の海」の第一部を映画化したんだよね。 「輪廻転生」がテーマだと思ったけど、 このチラシでは「究極の純愛物語」となっている。 「ま、何をもって<純愛>と言うかだね。 この物語は、 侯爵家の子息・清顕と伯爵家の令嬢・聡子の愛を描いたものには間違いないけど、 最初に原作を読んだ時は、ふたりの<駆け引き>が印象に残った記憶がある。 清顕は自分に好意を寄せる聡子を親友の本多に近づけようと、 わざと自分... [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 10:53 PM

» 「春の雪」 [地味な女子の読書日記]
■映画「春の雪」公式サイト http://harunoyuki.jp/ というわけで見て参りましたよう。 原作の記事をアップしてから 「お?今日初日?しかもレイトショー(大事)で見れるやーん」と 原付飛ばして映画館に、開始5分前に転がり込みました。 ええと。感想。 ... [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 11:16 PM

» 『春の雪』 [京の昼寝〜♪]
ケータイのない恋愛を、あなたは想像できますか。 ■監督 行定 勲■脚本 伊藤ちひろ■原作 三島由紀夫「春の雪」(豊穣の海第一巻)■キャスト 妻夫木 聡、竹内結子、高岡蒼佑、榎木孝明、岸田今日子、大楠道代、若尾文子、及川光博、田口トモロウ、石丸謙二郎、宮崎美子、山本 圭、高畑淳子□オフィシャルHP  http://harunoyuki.jp/ 大正時代の貴族社会。 公爵家の子息・松枝清顕と伯爵家・綾倉聡�... [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 11:33 PM

» 春の雪 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
←読んだら押してね♪ あなたの清き一票をお願い致します。人気blogランキングに参加してます! 瀬を早み 岩にせかるる 滝川の   われても末に 逢はむとぞ思ふ 清様・・・もし・・・、わたくしがもし急にいなくなってしまったとしたら、清様はどう....... [Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 01:37 AM

» 春の雪 [Akira's VOICE]
静ひつな空気感と,話す言葉が心地良い文芸映画。 [Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 10:46 AM

» 春の雪(2005日) [WAKOの日常]
春の雪 なんというか・・・完璧なまでの美しさに目がスクリーンに釘付けでした。私は原作を読んでいないけれど(読んでおくべきでした)、かなり原作に近い質までつくり込んだのではないかと想像してしまいます。 何がスゴイかって、日本の四季の風景・色彩の美しさが存分に映し出されています。例えば、一面雪景色の中に馬車。紅葉に染まる木々の中に佇む寺。 そして話がスゴイ。こんな壮大で、「ロミオとジュリエット」よりも悲しい、心理描写の巧みなお話が日本にあったのだと感心しました。しかも原作の三島由紀夫は... [Read More]

Tracked on November 02, 2005 at 01:02 PM

» 春の雪 [お気楽極楽スクリプト]
「愛しては、ならない。」このキャッチコピーが全て。「世界の中心で、愛を叫ぶ」や「北の零年」で、いま飛ぶトリ落とす勢いの映画監督 行定勲フィルム「春の雪」は、あまりにも儚く哀しく美しい、愛の物語。観ました。泣けました。... [Read More]

Tracked on November 04, 2005 at 12:08 AM

» 『春の雪』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
 2005年11月1日 『春の雪』 観賞レビュー 春の雪 瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の われても末に 逢わむとぞ思ふ 崇徳院 (すとくのいん) 2005年10月29日(土) 全国東宝洋画系ロードショー 2005年/日本 配給:東宝 『北の零年』の行定勲監督が 文豪・三島由紀夫の遺作に挑戦 今年、生誕80年没後35周年を迎えた 三島由紀夫の遺作「豊饒の海」シリーズの第一作 『春の雪』を映画化 大正初期の上流社会... [Read More]

Tracked on November 04, 2005 at 01:51 AM

» 春の雪 [映画INDEX]
春の雪 [Read More]

Tracked on November 04, 2005 at 05:20 PM

» 春の雪 [ライターへの道。女32歳の挑戦。]
         春の雪(2005年、東宝) http://www.harunoyuki.jp/ 監督:行定勲  原作:三島由紀夫 出演:妻夫木聡、竹内結子、高岡蒼佑、大楠道代、若尾文子、他          時は大正初期。 士族出身の成りあがりの松枝侯爵家の長男・清顕は、... [Read More]

Tracked on November 05, 2005 at 02:43 AM

» 「春の雪」妻夫木くん主演最新作! [新作映画ピンポイント情報]
 「春の雪」(東宝)は、運命に翻弄される悲恋を描いた、妻夫木聡主演最新作!「世界の中心で、愛をさけぶ」(04)の行定勲監 [Read More]

Tracked on November 05, 2005 at 10:41 PM

» 「春の雪」心に雪は積もらない [soramove]
「春の雪」★★★☆ 妻夫木聡、竹内結子 主演 仰向けに小船に寝そべる 主人公の恍惚にも似た 表情が画面を横切る そして幼なじみの聡子が あでやかな着物で登場、 彼女の顔を今度は下から ゆっくりとカメラは横切っていく。 どのシーンもひとつの絵のよ...... [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 12:52 PM

» 映画「春の雪」 [私でもいいですか?]
映画「春の雪」を観ました。原作は三島由紀夫,はっきり言って読んだことありません。だから、単純に,映画を楽しみました。 舞台は大正時代,この頃は良い時代だったんですね。まだ,貴族が優雅に暮らしている平和な時代。映画は見事なま... [Read More]

Tracked on November 06, 2005 at 05:55 PM

» 邦画「春の雪」にタイの若手俳優が出演 [白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary]
以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。 春の雪公式サイト (ブログの制作日誌には2人の話も、ちょっと書いてあります。)  ひとりは、アヌチット・サパンポン(「風の前奏曲」・「メコンフルムーンパーティー」  もうひとりは、スイニット・パンジャマワット(「快盗ブラックタイガ�... [Read More]

Tracked on November 07, 2005 at 02:21 AM

» 春の雪なのに紅葉(´△`)ハア [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
今日からロードショー公開された映画「春の雪」を早速観る。原作の三島由紀夫「豊饒の海・第一巻春の雪」を読んでいる身としては少々というかかなりの戸惑いを隠せない。なんで、春の雪に紅葉なんだよ?... [Read More]

Tracked on November 07, 2005 at 06:59 PM

» 春の雪 [シネクリシェ]
 原作は、三島由紀夫「豊饒の海」4部作の第1部をなす作品。  「豊饒の海」は三島の遺作(完成した日に自決した)であるばかりでなく、戦後の文学 [Read More]

Tracked on November 08, 2005 at 05:39 AM

» 映画>春の雪 [RAKUGAKI]
本当に素晴らしい。一つ一つとても丁寧に作られていて、それらが心にすっと染み入る。 [Read More]

Tracked on November 08, 2005 at 06:22 AM

» 「春の雪」の妻夫木くんのホクロ [踊るブログ小説狂]
しつこく『春の雪』のレビューであります。これで『春の雪』シリーズ4回目。そろそろネタ切れなので、も一回見に行こうかな♪、と考えたりしています。。さて。映画の中盤、妻夫木くんは脱ぐが竹内結子は脱がない、不自然なベッドシーン。なにか気づきませんか?相変わらずス...... [Read More]

Tracked on November 08, 2005 at 07:07 AM

» 妻夫木聡は1人3役できる〜「春の雪」 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
三島由紀夫「豊饒の海」第一巻を原作とする映画「春の雪」は、様々な原作との齟齬はあるものの、大きな収穫を得たと思う。清顕役を演じた妻夫木聡だ。彼なら、今後期待される第二巻「奔馬」や第四巻「天人五衰」の映画化でも転生の主人公の役割を演じられる予感がするからだ....... [Read More]

Tracked on November 08, 2005 at 10:22 PM

» [ 春の雪 ]子どもっぽいオトコと潔いオンナ [アロハ坊主の日がな一日]
[ 春の雪 ]吉祥寺で鑑賞。三島由紀夫の傑作「豊饒の 海」シリーズの映画化。時代に翻弄された恋というテーマ を一段と重〜い感じで仕上がっている。 [ せかちゅう ]の行定監督に主演が妻夫木聡、竹内結 子。主題歌を宇多田ヒカルが歌えば、若者は集まるでしょ う。たぶん。 大正時代の貴族たちの高貴で絢爛たる雰囲気とゆるかやな 時間の流れを感じる映像。台湾のカメラマン、リー・ピン ビンの移動車による撮影がこの作品にははまっていた。 犬や蝶の死骸、春画(浮世絵)などをメタファーとして... [Read More]

Tracked on November 09, 2005 at 01:28 AM

» 映画館「春の雪」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
好きな子には意地悪しちゃう!その子が自分以外の人と結婚するなんて~!!あいつは俺のモノだぁ!! 予告編で観たときは、とっても切ない恋愛話だと思っていのたのですが、、、前半は妻夫木聡扮する公爵家の子息清顕のワガママやりたい放題!↑にも書きましたが、好き...... [Read More]

Tracked on November 10, 2005 at 07:17 AM

» 「春の雪」 [もじもじ猫日記]
美しい、とにかく美しい映画でした。 景色、建物、衣装、どれも豪奢で素晴らしい。 傲慢というのは若さに赦される特権なのかもしれない。 家の格式と財力を後ろ盾にした(多分本人は気がついていないが) 傲慢を身に纏った清顕。 年上の幼馴染の令嬢、聡子の想いをないがしろにし、 宮家との縁談、それも自分の親が仕組んだことが決まってしまってから、 自分の本当の想いに気がつく。 清顕はそれでも素直になれず�... [Read More]

Tracked on November 12, 2005 at 10:08 PM

» 春の雪 [toe@cinematiclife]
行定監督は、長編第一作の『ひまわり』を偶然見ていて、それ以来、気になる監督の一人。 今回も、原作はよく知らないし、内容もあまり知らずに行ってみた。 ちょっと、どうかなぁ~と思いも抱いていたのだけど、思いのほか感動して泣いて帰ってきましたよ。 <STORY> 松枝清顕(きよあき(妻夫木聡))は、公家での優雅さを身につけるため、綾倉家で育てられる。 綾倉家の令嬢・聡子(竹内結子)は、幼馴染であり、将来... [Read More]

Tracked on November 12, 2005 at 11:46 PM

» 春の雪 [ハイジのシネマパラダイス]
春の雪 監督:行定勲 原作:三島由紀夫 出演:妻夫木聡 竹内結子 高岡蒼佑 及川光博 田口トモロヲ 岸田今日子 若尾文子 大楠道代 榎木孝明 石丸謙二郎 ストーリー 伯爵家の清顕(妻夫木)と公爵家の綾子は幼馴染。 まっすぐな愛情を傾けてくる綾子を... [Read More]

Tracked on November 13, 2005 at 01:53 AM

» 19歳と21歳の恋愛には見えない◆『春の雪』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
11月13日(日)TOHOシネマズ木曽川にて 侯爵家の子息・松枝清顕(妻夫木聡)と伯爵家の令嬢・鎌倉聡子(竹内結子)は幼なじみ。そして時が経ち、聡子は清顕への恋心を伝えるが、清顕は聡子への気持ちを素直に表せずにいた。その頃、鎌倉家では、聡子に宮家の王子との縁談....... [Read More]

Tracked on November 15, 2005 at 09:43 AM

» 『春の雪』鑑賞 [タレント1年生★鈴木弥生の大人の階段]
春の雪、観てきました〜!! 内容は、大正時代の悲恋。ということでしたので、とりあえず集中して真剣に観たかったので、あえてひとりで観にいきました。なんて・・強がってみたところで、ばればれなので正直に言いますと。。まぁ、その・・友達2〜3人に声をかけたの....... [Read More]

Tracked on November 21, 2005 at 06:43 PM

« 「ティム・バートンのコープスブライド」 ティムには哀しみがよく似合う | Main | 「ALWAYS 三丁目の夕日」 なんといとしい東京タワー »