« September 2005 | Main | November 2005 »

October 30, 2005

「春の雪」 ほんとの主役は♀♀♀だった

☆☆☆ 妻夫木聡と竹内結子の恋愛映画を見に行ったつもり
だったのに、中身は若尾文子、岸田今日子、大楠道代という
旧大映女優トリオの存在感が圧倒するシニア映画決定版でした。
なにしろ、見終わってみて初めて、
若い二人の恋の行方を裏から巧妙にあやつっていたのは、
このひと癖もふた癖もある三人の意地悪ばあさんだったと
気づくのだから。
はい、もう、貫禄負けです。
もうひとつ、特筆すべきは、撮影監督リー・ピンビン。
あの「花様年華」の撮影監督だと言われれば納得の、
とろけるような映像に仕上がっています。
これほど絢爛でエキゾチックな映像の日本映画というのは
近頃ないのではないでしょうか。
これで、主役がトニー・レオンとマギー・チャンだったら
「花様年華」並みの大傑作になったところです。
どこかの雑誌にも書かれていましたが、日本人なら
往年の市川雷蔵と若尾文子で見たかったところです。
けれど、市川雷蔵は死んじゃったし、
若尾文子はいまや三婆だし、それは見果てぬ夢ということで。
いまどき、三島文学を映画にしてくれたというだけで、
感謝、感謝。
あの、とても生身の人間が言うとは思えない
文学的な硬質なせりふが聞けただけでも良しとしましょう。
妻夫木君にはもっともっとあの、奇っ怪な文学調書き言葉を口にして
ほしかったなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (28)

October 22, 2005

「ティム・バートンのコープスブライド」 ティムには哀しみがよく似合う

☆☆☆ ティム・バートンといえば、
「マーズアタック」も「猿の惑星」も「スリーピーホロー」も
それなりにおもしろかったし、
「ビッグ・フィッシュ」とか「チャーリーとチョコレート工場」とか
独特のイマジネーションにプラス大人の視点も備え始めて、
とうとう名匠の域に達してきた気がするのですが、
やはり私にとって最高傑作は初期の映画「シザーハンズ」です。
イマジネーションのひろがりだけではなく、
あの映画が醸し出す、異形の者のせつなさ、哀しさがやるせなく、
心に染みたのを忘れられません。
数々の傑作をものにして、とうとう、あの、哀しみの世界が戻ってきた、
それだけで「コープスブライド」、嬉しくてしかたありません。
今回哀しみを体現するのは人形なのですが、
人形でなおかつ死んでいる役というのが
なんとも錯倒し、しかもラストはある種死者にとっても
ハッピーエンドという、かなり一筋縄ではいかない話でありながら
どこかシンプルで透明な哀しみに彩られていて
(主役三人の印象的な目!)
本当に「シザーハンズ」の姉妹篇のようなファンタスティックな出来あがりです。
もちろん、人形の造形や動きは、言うところないほど魅惑的であり、
まだ見ていたいと思うほどコンパクトな上映時間も
だらだらと無駄な時間ばかり引き延ばした最近の映画の中では
潔く、好感が持てます。
2005年必見の1本です。

| | Comments (8) | TrackBack (25)

« September 2005 | Main | November 2005 »