« 「オープン・ウォーター」 手に汗握らぬ怖さ | Main | 「運命じゃない人」 才能あふるる軽薄さ »

July 19, 2005

「宇宙戦争」「スターウォーズ3」「バットマンビギンズ」 だんご3兄弟 

☆☆

「一本の映画、一行で語る」というポリシーに反してまでひとくくりにしてしまいたい真夏の三本立て、だんご三兄弟。長男はスピルバーグ。長男だけにおっとりしていて、最初は面白くて一生懸命遊んでるんだけど、だんだん飽きてきて、なんでもいいからオチをつけて、もうあとは次男、三男に譲るよって感じ。次男はルーカス。長男と三男にはさまれてなんとか存在感を示そうとがんばった、がんばった。長男にも三男にも気を使ってしかも破綻を恐れず、結局自分の映画をつくりあげてしまった。偉い。そして三男はノーラン。長男、次男と年の離れた三男は、兄弟のいいところ、悪いところをじっくり観察しただけあって、一番そつがない。優等生。言い換えれば、一番普通の映画。この三兄弟、まあ、かしまし娘くらいは楽しめたかな。ちょっとした、真夏の夜の夢でした。

|

« 「オープン・ウォーター」 手に汗握らぬ怖さ | Main | 「運命じゃない人」 才能あふるる軽薄さ »

Comments

TBありがとうございました!こちらからもさせていただきました♪
面白い感想ですね!私も早く末っ子のバットマン見にいかないと。

Posted by: みちこ | July 20, 2005 at 01:11 PM

はじめまして,バットマンは期待してなかった分面白かったですね。
単純なヒーローものでなく,スパイダーマンもそうですが,影が見え隠れするところがいいですね。
Star Warsでもテーマとなる人を恨む心,許す心という点は,キリスト教的な考え方の背景の部分でしょうかね。その辺の葛藤が表現されていて割とみごたえありました。
Star Warsは逆にこの手の心理描写となると,深みが足りなかったような気がします。
宇宙戦争ですが,期待した割には9月1日映画の日でちょうど良かった・・・(笑)

Posted by: なかまた | October 08, 2005 at 10:21 PM

なかまた様

コメントありがとうございます。
STARWARSⅣは、未来の映画にしては
乗り物が汚れていてリアリティが
あったのですが、IからⅢはデジタルの普及で
妙にピカピカした印象に戻ってしまった
気がして残念だったのは
私だけでしょうか。

Posted by: 沢木耕三郎(仮名) | October 09, 2005 at 09:29 PM

The restaurants list with thousands of restaurants reviewed by visitors.

Posted by: ExtedsBet | October 13, 2010 at 05:46 PM

professional answer to this insurance question: Do all states require car insurance? http://insuranceinstates.com/nevada/Las%20Vegas/Affordable%20Insurance%20Solutions/89119/

Posted by: mesPrergo | October 22, 2010 at 08:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35774/5055295

Listed below are links to weblogs that reference 「宇宙戦争」「スターウォーズ3」「バットマンビギンズ」 だんご3兄弟 :

» CINEMA●STARR 「スターウォーズエピソード3/シスの復讐 [しっかりエンターテイメント!]
 監督 ジョージ・ルーカス  出演 ユアン・マクレガー、ヘイデン・クリステンセン、ナタリーポートマン、他    若きジェダイの騎士、アナキンが、苦悩の末ダークサイドに落ちて行く様を描く。    この映画で新旧合わせて6部作が完結するわけですが、... [Read More]

Tracked on July 20, 2005 at 09:44 AM

» "宇宙戦争"(ネタバレあり) [Books ]
「宇宙戦争」公式サイトはコチラ 昨日はエピ3を再度見ようと有楽町に行ったけれど [Read More]

Tracked on July 20, 2005 at 01:17 PM

» 宇宙戦争 [花ごよみ]
  H・G・ウェルズの小説をスティーヴン・スピルバーグ監督が 映画化したSF超大作。 トム・クルーズ主演 、 共演はダコタ・ファニング。  アメリカのある町である日突然異変が起こった。 激しい稲光の一つは地上にまで達し、 その地下では巨大な物体がうごめき始めた。  レイ(トム・クルーズ)は、この現象に直面し、 恐怖に怯える。 そして人類が体験したことのない宇宙�... [Read More]

Tracked on July 20, 2005 at 11:51 PM

» E.T.と宇宙戦争、そしてプライベート・ライアン [午前3時のティータイム]
(※ネタバレあり。ご注意下さい!)先週の日曜日に観た2本目の映画はスピルバーグ監督の最新作「宇宙戦争」でした。この映画が「E.T.」とは対照的な作品であることは知っていましたが、それでもあえて観てみま... [Read More]

Tracked on July 28, 2005 at 01:15 PM

« 「オープン・ウォーター」 手に汗握らぬ怖さ | Main | 「運命じゃない人」 才能あふるる軽薄さ »