« 「ビッグ・フィッシュ」 人生に、尾ひれがついてもいいじゃないか。 | Main | 「ワイルド・フラワーズ」 チープなつくりに、みなぎる感動。 »

June 02, 2004

「真珠の耳飾りの少女」 1枚の絵があれば、1本の名作はできあがる。

☆☆☆

たった1枚の絵画から発想された物語。画家とモデルの許されぬ恋物語、といえばたいした想像力もいらないだろうと思われるかもしれないが、どうしてどうして奥は深い。光と影の産物であるフェルメールの絵に挑戦するように、映画もまた光と影に徹底的にこだわり、「世界の中心で~」などよりはるかに単純なのに、はるかに豊かな物語が立ち上がった。どうしてこれほどコクのある、スリリングな映画ができあがるのか、日本の映画人に考えてほしいほどだ。「ビッグ・フィッシュ」に続き、想像の翼をひろげることの素晴らしさを教えてくれる幸福な映画が、外国映画にまた現れた。

|

« 「ビッグ・フィッシュ」 人生に、尾ひれがついてもいいじゃないか。 | Main | 「ワイルド・フラワーズ」 チープなつくりに、みなぎる感動。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35774/700653

Listed below are links to weblogs that reference 「真珠の耳飾りの少女」 1枚の絵があれば、1本の名作はできあがる。:

» 「真珠の耳飾の少女」 [Big Screen]
「こころまで 描くの?」 この映画で最も印象に残った一言です。 フェルメールの作品 「真珠の耳飾の少女」 通称、「青いターバンの少女」にまつわる物語の映画化なんですね。 この作品を見た後に、この絵をみると、なぜこの絵の少女が息づいているように見えるのかが分か..... [Read More]

Tracked on December 25, 2005 at 09:05 PM

« 「ビッグ・フィッシュ」 人生に、尾ひれがついてもいいじゃないか。 | Main | 「ワイルド・フラワーズ」 チープなつくりに、みなぎる感動。 »