August 31, 2010

「瞳の奥の秘密」 熱い国から来た映画  

☆☆ 好き好きだとは思いますが、この主人公の顔、ちょっと暑苦しくないですか。ひげもじゃのラテン系の顔って、クソ暑い夏に見る顔じゃないよなあ、と思ったのは、ぼくだけ?そんな邪心に満ちた気持ちで観たものだから、映画の中で毎日駅に行く男が登場すると、“お前は忠犬ハチ公か”と毒づいたり、“女性の胸元を見ただけで犯人だってわかるなら男はみんな犯人だよな”といきまいたり、ついついチャチャを入れたくなってしまいました。でも、そんなよこしまな考えに囚われず、真面目な態度で接すれば、殺人の被害者女性とその夫、その殺人事件を担当した裁判所の男と女の二つの愛が25年の時を超えて交差する、いたって重厚なサスペンス映画でした。アルゼンチン映画というのもうなずける情熱が映画自体の描写にも登場人物たちの行動にも奥深くうずまいて、なかでも特筆すべきは、女性判事補役のソレダ・ビジャミル。若い時と二十五年後と、それぞれの時代の同一人物を演じているのですが、みごとに演じ分けていて、どちらもまったく違和感がない。いったい、どっちが本人の年齢に近いのかわからないくらいです。彼女に惚れている主人公が、暑苦しい顔のわりに、自分の気持ちを打ち明けないというのは、もったいない、じれったい。女でなくても、怒るよね。一方で、殺人の犯人がああいう目に遭うというのは、そう驚くほど独自性のあるどんでん返しではないけれど、主人公に向けて最後に発する一言、あの一言には胸を突かれました。たしかに、ああいう目に遭えば、うらみつらみより、ああいうことばが口から出てしまうのかもしれません。こじつけを言えば、主人公だって、声をかけられなかったばかりに恋に逃げられたとも言えるわけですから。サッカー場での追跡劇のような派手な見せ場もある映画ですが、やっぱりあの地味な一言が心に残ります。

| | Comments (5) | TrackBack (13)

«「カラフル」 玉電